HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

名勝負の継承文⑨(MOL53 vs TKda黒ぶち UMB2013)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

年末から年始にかけて新作CD・DVDが多く発売されたことで、最近ブログでCDやDVDのご紹介が続いていますが、ここで一度、箸休め的な意味も兼ねて、久しぶりにバトルリリック書き起こしをしたいと思います。

対象のバトルは、昨年末にコメントでリクエストを頂いたバトル【MOL53vsTKda黒ぶち@UMB2013】です。コメントを頂くまで忘れていましたが、DVDが発売された当時は何度も繰り返し観ていた大好きなバトルでした。久しぶりに見返してみてもこの試合は本当に名勝負だなと改めて思いました。

毎度のことですが、明らかに言い間違いをしていると思ったところは、MCの意図を汲んで本来言いたかったであろう言葉に一部書き換えています。もしそれ以外で私の聴き間違いや解釈違い、誤記等がありましたら、コメント等でご指摘を頂けると幸いです。よろしくお願いします。

それでは、いってみましょう。

【MOL53vsTKda黒ぶち@UMB2013】


53TKda

【TKda黒ぶち】
俺にしか無いものは何か
やっぱりそれはメッセージだと思ってる
ステージ上 緊張 テンパってる頭
準優勝を獲った奴が後攻選んでる
ぐだぐだなライム
つかむコイツの胸ぐら yeah
わかるだろ胡座かいている暇なんかない
油売ってる場合じゃない
お前は何を持ってきた九州から
吸収するLike a スポンジ
今日も日本人 凡人だとしても
ぶっ壊すこのマイクロフォン


【MOL53】
OK! そのマイクロフォンでウダウダ
うるせぇ 胸ぐらつかみな
俺は即興で歌う歌やってる
お前の即興 踏ましてグダグダ
東京で埋めてやろうか
俺のやり方
TK確かに熱さプラスα
言ってたなお前のように
俺がここで勝つさ
飛び出すためにやる
これがギャングスタ
不気味な不気味な笑み
お前ぇにやれねぇ!


【TKda黒ぶち】
不気味な笑み
every thing any thing
であることは間違いない
Don't sweat the technic
磨く 動く 手首
わかるだろ お前の狩るぜ首
わかる?背筋凍らすコーラスがここにあるぜ!
“埋めるぞ” あれ?それ去年言ってなかった?
お前は二度目 リコメンドできなくて
TとKが勝つぜ!
聞いとけ 時計の針が回る間
俺は充実させて 魂を残すぜ!


【MOL53】
yeah お前が魂を残す
俺も同じように
誰かに見せたい背中がある
これがストーリー
素通りさせねぇぜお前達の鼓膜に
おいお前何が“凍るぞ”?
これがドーナツ化現象
どうなるか検証してんだマイクロフォン
こいつでお前の心臓をブチ抜くぞ!
熱さだけじゃねぇ こっちこい賊!
俺が目の前で お前の首狩る ズン! wo!


<延長戦>

【MOL53】
最高のボルテージで kick the verse!
お前たちの首も振らす!
誰がヤベェ?プラスかマイナス
関係なしで上がれるMCだ check it!
お前たちの鼓膜に
俺のツバメ返し煙立ち昇り
誰がヤバイMC マジ 確かめてこい
黒ぶち?まるめてポイ!ho!


【TKda黒ぶち】
そんなシケてるフローじゃプリモが泣いてるぜ
プレミアの宣誓に乗るのは
プレミアムなマイクさ
yeah これが90年代のノリさ
こいつのラップじゃ首は触れない
俺はブレないやり方を持ってる
It's all real
全てが真実 俺は信じるマイクロフォン
これは進行し Keep’on walking
歩いてくこの道じゃ 誰が一番俺が決めてく
like a Freshさ 新鮮な市場!


【MOL53】
女 親父のオタマジャクシ
90年式 back to the basic
俺は90年式生まれだぜ
クラシック生まれのクラシック育ち

HIPHOPこいつがあれば
変えれる可能性に賭けてみてぇんだ
TKお前の熱さと同じ
今年は俺が頂くぜ頂上!


【TKda黒ぶち】
明日も仕事だぜ
そして明後日も仕事
仕事終わりと仕事初めが
同じなマイクロフォンさ
俺も賭けるもんがあるぜHIPHOP
88生まれバチバチなライミングを
かましてる最中さ!
お前とは違う温度がある
ベーシック クラシック育ち?
俺はそん中を 暮らしの虚しさを
オナニーで終わらせない
為にそう作ってく
make some noise
俺もプリモのbeatsが好きさ!


勝者:MOL53


フリースタイルは“瞬間の美しさ”と語るTKda黒ぶちだけあって、彼のバトルを書き起こしてみると、その即興性の高さと、言い回しの妙を改めて感じることができます。対するMOL53も、持ち前のHIPHOP美学とストリート至上主義の感性から繰り出される唯一無二の言葉の強さは、他MCと一線を画しており、吐き出す言葉全てが唸るようなカッコ良さを持っています。

やはりリリシスト同士のバトルを書き起こすのは非常に楽しい作業でした。文学的名文を書き写すのと同じように、その人の息遣いや、リズムまで感じることができ、細部における言葉のチョイスに、それぞれの言語的センスを感じることができました。

この試合、1回目は観客はTKda黒ぶちに上げましたが、陪審員の判定でドローとなり延長戦になります。そして、延長戦では、<DJ Premier>の名トラック【pitch black it's all real dirty】となり、ステージ上の二人を含め会場中は最高の盛り上がりを見せるのでした。確かに、この大きなステージでこのビートに乗ってラップできるのは、ラッパーとしては気持ち良い以外何物でもないでしょう。

【pitch black it's all real dirty】


結果はこの延長戦でMOL53が観客評価をひっくり返し、MOL53の勝利となりました。TKは試合後の敗者インタビューにおいて、楽しくなりすぎてしまったのが敗因と語っていました。冷静に相手を見て戦えば勝敗はわからなかったと分析しながらも、あまりの高揚感に思わず観客を見てラップをしてしまったと自身を振り返っていました。

この試合は2回戦だったのですが、この大会におけるMOL53は1回戦ではまだエンジンが上がりきれていない印象を受け、前年2012で準優勝したような勢いは正直感じられませんでした。しかし、この試合で、強敵TKの熱いライムに火を付けられ、徐々にボルテージを上げていくのがわかります。強者同士のバトルが得てして名勝負になるのは、強者を前に互いが極限まで集中し合い、潜在能力を含めた全てのパワーが強制的に引き出されるからではないでしょうか。この試合でも、最高の二人が見ることができました。

今回、赤字にした部分は、このバトルにおいて最も歓声が上がり、おそらく勝敗を決めたであろうパンチラインの箇所です。“◯◯生まれ××育ち”という日本ヒップホップシーンにおける最も有名なラインの形式をサンプリングし、会話の文脈の中から自然と生まれ、熱く繰り出されたこのラインに、会場は爆発的盛り上がりを見せました。“クラシック生まれのクラシック育ち”というラインは、このライン単体で見てもカッコイイですよね。これまで甲乙つけがたい高レベルのバースを互いに繰り出していた二人でしたが、この後のラストヴァースで、TKはこのMOL53のラインを上回るバース(観客を盛り上げると言う意味で)を吐くことができませんでした。それが、この試合の勝敗を分けたポイントであったように私は思います。

このバトルは、二人が互いに認め合い、リスペクトし合っているのがひしひしと伝わるのが観ていて心地よいです。お互い、バトル中にも相手のパンチラインには協調を示し、バトルが終わった後には清々しい笑みを交わし合っていました。終始二人共楽しそうにライムをぶつけ合い、本物同士のバトルを心から満喫しているようでした。このようなバトルは本当に観ていて気持ちがいいですよね。まさに名勝負といえる、最高の試合だったと思います。

それにしてもUMB2013は本当に名勝負が多いですよね。先日、戦極のMC正社員もTwitterでUMBなら2013がお薦めだとつぶやいていましたが、改めて見なおしてみると本当にいい試合ばかりです。他にもいいバトルがあれば書き起こししたいと思います。また、最近DVDも増えてきたのでその中でもいい試合があれば書いてみたいですね。また気分が乗っていて、時間があるときにでも。

では、今回はこのへんで。

[追記]コメントで間違いの指摘をいただいたので、修正しました。ご指摘ありがとうございました。

関連記事

14 Comments

匿名  

ブログ更新お疲れ様です。
このバトルが行われた当初にどなたかがTwitter上に投稿した書き起こしを読みました。そこでは

>Don't feel technic

Don't sweet the technic(Eric.B & Rakim)

>きっとTKが勝つぜ

TとKが勝つぜ

となっていて、読んでいてかなり納得した記憶があります。ご参考までに。

2016/01/24 (Sun) 10:55 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> ブログ更新お疲れ様です。
> このバトルが行われた当初にどなたかがTwitter上に投稿した書き起こしを読みました。そこでは
> >Don't feel technic
> Don't sweet the technic(Eric.B & Rakim)
> >きっとTKが勝つぜ
> TとKが勝つぜ
> となっていて、読んでいてかなり納得した記憶があります。ご参考までに。

ご指摘ありがとうございます!確かにそちらの方が納得感がありますね!とくに引用のラインはなるほど!って感じです。
どちらも修正させていただきます!ありがとうございました!

2016/01/24 (Sun) 11:02 | EDIT | REPLY |   

-  

DVDにはカメラの都合上写っていませんが
テンション高くなりすぎたTKがラップしながら
飛び跳ねてたのを思い出します。
このバトル自体が後まで語られるクラシックになりそうです。

2016/01/24 (Sun) 15:11 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> DVDにはカメラの都合上写っていませんが
> テンション高くなりすぎたTKがラップしながら
> 飛び跳ねてたのを思い出します。
> このバトル自体が後まで語られるクラシックになりそうです。

コメントありがとうございます。
そうでしたね!TKジャンプ。当時の実況で盛り上がっていた記憶があります。
DVDのカメラがアップで、その全貌が映ってないのが残念でしたよね^^;笑
確かに、見れば見るほど名勝負だと思いました。後世まで語られるバトルになれば嬉しいですね^^

2016/01/24 (Sun) 18:08 | EDIT | REPLY |   

-  

この年のベストバウトはこの試合も候補に上がるけどdotamaとmol53の延長戦が個人的には1番上がった。
mol53のあのフロウには鳥肌たった。まけたけど

2016/01/24 (Sun) 23:53 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> この年のベストバウトはこの試合も候補に上がるけどdotamaとmol53の延長戦が個人的には1番上がった。
> mol53のあのフロウには鳥肌たった。まけたけど

コメントありがとうございます!
あの試合も凄くいい試合ですよね。私はその試合と、決勝戦のDOTAMA vs R-指定の印象が印象が強すぎて、この試合を忘れていました。ただDOTAMAとMOL53の延長戦は、ビートアプローチの妙が光る試合なので、文字に書き起こしてもあまりしょうがないかな(魅力が伝わらないかな)と思い書いてません。でも間違いなく、UMB2013における名勝負のひとつですよね。あのビートを自分でチョイスして、完璧に乗りこなしたMOL53に感動すら覚えました^^

2016/01/25 (Mon) 21:50 | EDIT | REPLY |   

-  

あけましておめでとうございます!そして書き起こしありがとうございます!去年このバトルをリクエストした者です。
本当にこの一戦は最高です。特に延長でPremierのビートが流れた瞬間の両MCと会場、そして司会の晋平太のテンションの上がりっぷりがバトルのスタートとして最高すぎて自然とにやけてしまいますね!まさしくbestboutです。これ以上多くは語りますまい。

ありがとうございました!これからも楽しみにしています。

2016/01/26 (Tue) 06:14 | EDIT | REPLY |   

わっさ  

コメント失礼します。
いつも拝見させて頂いてます。

2011 umb 敗者復活決勝 晋平太vsTkda黒ぶち
2013 SP match R指定vsTkda黒ぶち

もお願いしたいです。
どちらも名勝負ですのでお願いしたいです。

2016/01/26 (Tue) 12:56 | EDIT | REPLY |   

-  

DOTAMA vs mol53のリリックもお願いします。
ビートアプローチの妙が光る試合とコメントしていますが、内容もしっかりしているいい試合だと思います。

2016/01/26 (Tue) 17:09 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> あけましておめでとうございます!そして書き起こしありがとうございます!去年このバトルをリクエストした者です。
> 本当にこの一戦は最高です。特に延長でPremierのビートが流れた瞬間の両MCと会場、そして司会の晋平太のテンションの上がりっぷりがバトルのスタートとして最高すぎて自然とにやけてしまいますね!まさしくbestboutです。これ以上多くは語りますまい。
> ありがとうございました!これからも楽しみにしています。

あけましておめでとうございます!
遅くなりましたが、約束通り書かせてもらいました^^少し間が空いたので心配してましたが、見ていただけたようで安心しました。改めて、この試合を思い出させて下さって感謝します!本当に書いていて楽しかったです^^これからもよろしくおねがいします!

2016/01/30 (Sat) 08:25 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> コメント失礼します。
> いつも拝見させて頂いてます。
> 2011 umb 敗者復活決勝 晋平太vsTkda黒ぶち
> 2013 SP match R指定vsTkda黒ぶち
> もお願いしたいです。
> どちらも名勝負ですのでお願いしたいです。

コメントありがとうございます。
いろいろな名勝負があると思うのですが、このブログではDVDとしてパッケージ化されたもの、つまり本戦レベルのものだけを扱おうかなと思っています。予選やSPマッチなども入れだしたらキリがないと思うので^^;

ただ、私も「2013 SP match R指定vsTkda黒ぶち」はめちゃくちゃ好きなんですよね。二人の良さが本当に出たSPマッチだったと思います。なので、少しどうするか検討させてもらいます。どちらにせよ現在、他にもいろいろリクエストいただいている状況ですし、自分で書きたいと思っているバトルもあるので。ご理解してくださると幸いです^^リクエストありがとうございました!

2016/01/30 (Sat) 08:35 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> DOTAMA vs mol53のリリックもお願いします。
> ビートアプローチの妙が光る試合とコメントしていますが、内容もしっかりしているいい試合だと思います。

コメントありがとうございます。
いい試合ですよね。確かに見返してみると内容もしっかりしているかもしれません。少し検討させてください^^ここのところUMB2013が続いているので、別の大会の試合も書いてみたいですし。ただ、この試合を文字で見たいという需要があることはわかりました。ありがとうございます^^

2016/01/30 (Sat) 08:37 | EDIT | REPLY |   

たけ  

Don't sweet the technicではなく、Don't sweat the technic です。
Eric B & Rakim からのサンプリングですね。

2016/04/17 (Sun) 23:35 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> Don't sweet the technicではなく、Don't sweat the technic です。
> Eric B & Rakim からのサンプリングですね。

たけ様
コメントありがとうございます。つづり間違いですね。お恥ずかしいです。。ご指摘ありがとうございました^^;
そのように修正させていただきます!!

2016/04/18 (Mon) 22:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ブログパーツ