HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

名勝負の継承文⑩(FORK vs HIDADDY UMB2006)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

このブログ、数えてみたらこの記事で丁度100記事目となりました。これを機に、何か自分にとって特別なものを書きたいと思ったので、今回は私がMCバトルにハマるキッカケとなった伝説のバトル【FORK vs HIDADDY@UMB2006】の書き起こしをすることにしました。

いつものことですが、明らかに言い間違いをしていると思ったところは、MCの意図を汲んで本来言いたかったであろう言葉に一部書き換えています。もしそれ以外で私の聴き間違いや解釈違い、誤記等がありましたら、コメント等でご指摘を頂けると幸いです。よろしくお願いします。

それでは、いってみましょう。

【FORK vs HIDADDY @UMB2006】
forkhida

【HIDADDY】
一回戦からいきなり行くぜFORKさん yo
レペゼン関西エリア 手にはマイクショー
58じゃないよ
この専用に開発されたマイクで取る
ゴールデンマイク yo
だけども俺とFORK
歴史に名の残るような勝負したいし
like a 秀吉?違うよ聖徳太子
違うよ最強の即興を習得したいし
俺が優勝取りたいし


【FORK】
yo yo 求職もないしまるで学生
みたいな感じだけど
めっちゃヤバいナリしてるけど
イカくせぇような感じ
まるで医学生か苦学生
みたいにクラブ全部ロックしてやるぜ
俺がICE BAHN
Hey yo 調子どうだみんな
待たせたなお待ちどう!
ありがとねご来場!
バッチリと脳味噌が回転して止まらない
大晦日まで調子どうだとか言っとくぜ
CLUB CITTA!


【HIDADDY】
イカ臭いんなら
シコシコシコシコしとけや
屁して蕎麦食って年越しといてや
ほんでオシッコしてた小便垂れのMC
ヘタレはそこどけや!
もちろん韻から韻
語尾は使いようだ
ICE BAHNなんか生ゴミ扱いだ
だからもちろん繋いだ子は鎹だ
よりも俺は確実に韻踏み韻で繋いだ


【FORK】
yo ばっちりと繋いだ
俺がスナイパー見たいな感じ
まるでフライパンみたく
硬く踏む特殊な一派
だぜ俺らICEBAHN
マジで半端じゃないLibra
山の上に立てる何本フラッグ
立てたかわかんねえICEBAHN難攻不落

ちゃんと上手く繋げるフリースタイル
yo ばっちりとタイルみたく磨くスキル
スリルもばっちり見せた
グリルみたく焼きあがるこんがり!


【HIDADDY】
グリル?難攻不落?
でも3人ともなんか暗くない?
もちろんそう JAPKIT 玉露
俺が勝ちそれが極論 わかる?
もちろんそう初戦突破したよ
FORK?横浜?
所詮だけどフォークの横はな
マイクじゃなくてナイフだろ?
だから
当て付けのパスタにでも絡まっとけ
だから絶対俺には適わんボケー!


【FORK】
yo yo マジでワンパン マジでワンチョ
みたいなフリースタイルでかましてくぜ
万歩計があったら
何歩進むかわかんないような
ぐらいに手振る馬鹿に
俺がFORK教えてやるぜテーブルマナー

yo バッチリとロックしてやるぜ観衆
来てくれてサンキュー やばいぜ
このマイクロフォンを使いこなし
バッチリと勝負してるFORK&ヒダやん
どっちが勝っても恨みっこなし!


<延長>

【FORK】
打って変わって俺が先行
まるで石膏みたく堅くはめてくぜ
まるで引田天功見たいな感じだぜ
バッチリと点呼取るから
みんな準備しとけ 準備OK?
まるで軍事協定なんか一個もねぇ
これが延長戦
手が腱鞘炎になるくらい
マイク掴んで決勝へ

上ってく つまりGo to the top
FORKがコップにこぼれる膨張
まるで包丁みたくまるで切れてく


【HIDADDY】
包丁?もちろん引田天功 引田天功
だからこいつ俺のラップを引き立てんぞ
ありがとうさん 俺は父さん
わかる?リアルパパラッパー
だからおまえなんて
即効とっぱらったった
大体お前の踏んでる韻ならアウト
俺は抜けてく
コーナーはINからOUTシケイン
お前ら後ろの二人はしけてていいんか?
もっと来いよ 3対3のホンマのバトルだろ?


【FORK】
3対3の本場のバトルでノーガード
パンチラインの応酬でノックアウト
お前のほうが一発でコースアウト
俺の独壇場
まるで今日はFORKのコンサート

みたいな感じ俺が一発で見せる独壇場
まるで億万長者になるか知らねえが
俺がFORK on the mic
こんなもんじゃない
当然ヤバイもん聞かせてく
ばっちりと奪い取る王座


【HIDADDY】
奪い取る王座のそのコンサート
でもこの差を聞かせたい
でもお前のそのショーは辛め
どうせ韻を超あつらえてるんだろ?
でも明日明けたら正月だぜ 消滅だぜ
ここで勝負あったぜ
だからもちろんお前は家に帰れたぜICEBAHN
横浜 もちろん邪な気持ちでやるんなら
そのマイクはよこしな!


【FORK】
yo ばっちりと最後にケツで韻を落とした
か知らねぇがマジで4個下ぐらい
ナメてかかる俺のほうが余裕
フリースタイル present for you
まるで黄忠みたく突き立てる刃
みたいな感じ
ばっちりと前歯乾くまで毎晩
フリースタイルして研がれた刃

まるでお前は細菌
ばっちりとウィルスが二次感染
してるか知らないが先は短いぜ?


【HIDADDY】
でももちろんお先は短い
でもまだまだ参加するんだよ
この先二次会三次会はないよ
もちろんここで終わり俺が優勝ゲット
でももちろんお前がここの決闘で
負けたらお前ははいリタイア
だからもちろん速攻家に帰りたいんや
だからリタイヤ
今夜は冬 寒いけど熱帯夜
熱くさせるのはお前達お客さんだ!


<再延長>

【HIDADDY】
最後のDJ MUTA
yo こいつのラップは眠た
だからせいぜい出るよ欠伸が
だからせいぜい上げろよ wannabe が
B-Girlよりもちろん俺Bだ
Bの中のB 男の中の男
違う今日は音の中の男
だから本当の事言う
ライム日本刀 スパッ!


【FORK】
yo yo 日本刀か知らないけど
ばっちりと落とすこれが伝家の宝刀
まるで村雨みたいな感じだぜ
俺の方がうたた寝
しちまうような感じだぜ
自分のスキル疑え
もしくは裏金でも積んでりゃいいんだぜ
俺がフリースタイルすれば
あんたの友達も俺に鞍替えみたいな感じ
オレのフリースタイルにはムラがねえ

やばいぜまるで・・・


【HIDADDY】
yo 裏金 表と裏ないし
でももちろん よこしたら占い師
は言うぜ 俺が優勝そんなの決まってる
おまえに声あげてんのは確かに人気だし
だからもちろんおまえはインチキだし
in check it outだ
俺の韻チェキらな 分かる?
俺の方がインダストリアル
だからお前は速攻ここから出しとくわ


【FORK】
yo yo 出しとくわかなんか知らないけど
マジで俺が玉露の前で
バッチリと一苦労させとくぜ
ここフリースタイルで
バッチリと見せつける
ライムを命中させていくぜ
マジでライミングするために
バッチリとストイック
メインストリームしか知らないけど
まるでストリップみたいに精神的に全裸
見下してマジで迷惑なぐらいに
すげえラップ聞かしてくぜプレイメイト


【HIDADDY】
yo ブレーメンでももちろん
俺の方にお客は声援くれーメン
俺が大阪で残ったファイナリスト
だから俺の方にハイなレスポンス
声援 集まった声援くださいよ
だから俺はこうやって常に日本語研究
でももちろんラップ拳法とテンポ研究
yo もちろん 俺の韻の点数をつけるけど
こいつは役立たずのインポテンツ!


【FORK】
yo yo どうせ言うと思ったぜインポテンツ
だったら飲むかバイアグラ
あんたの倍踏んで倍胡座かいて
マジで余裕かますぜ

まるで甲虫か知らないけど
黄忠みたく余裕
まるで幼虫からマジで脱皮してく感じ
あんたはタダの下手っぴみたいな感じ
まるでそう俺が韻踏んだセラピー
みたいな感じ 手出しは無用
俺のほうに振り向く女神
ライム突き立てるコメカミ!


勝者:FORK


時代を変える伝説のバトルは、得てしてUMBファイナル一回戦で起きるものなのでしょうか。MCバトルの大きな分岐点として語られているこの【FORK vs HIDADDY】もUMB2006の一回戦、そしてその後の【晋平太 vs R-指定】もUMB2010の一回戦でした。どちらの試合も、優勝候補同士が初戦でぶつかり合い、延長を繰り返す構図がとても似ていますよね。他にも名勝負は多々あれど、この2試合は間違いなく今後も後世に語られていく試合ではないかと思います。

【晋平太vsR-指定】の記事はこちら

“今から10年前”という余計な前置きをつけるまでもない両者の高次元な言葉のラリーには改めて驚かされます。確かにその後MCバトルは進歩を重ね、MC達のライムやフローのスキルは格段に上がり、バトルのレベルも全体的に上がったのは事実です。しかし、このバトルはそれらの試合に見慣れた今見ても十二分に面白く、見返すと現在のバトルシーンに与えた影響の大きさを改めて感じさせてくれます。現に、この試合で踏まれているライムや、言い回しは、現在のMCバトルでも多くサンプリングされていますよね。

今回リリック中で赤字にした箇所は、このBATTLEの中でも私が特に好きなラインです。仕込んできたネタだとしても極上のラインですし、それをバトル中に相手の言葉に引っ掛け、瞬時に引き出しを開け、巧みに繰り出す力は、“スキル”と呼ぶ以外の何物でもありません。どれもMC達が思わず真似したくなるほどの巧みなラインばかりだと思います。

どちらもライム巧者なのですが、その中でもやはりFORKのライミングは格別で、その華麗な踏みっぷりからは、どこか色気すら感じてしまいます。インテリジェンス溢れるワードで、スタイリッシュに韻を踏むFORKのスタイルを実現するには、優れたワードセンスと、豊富な語彙力、音にはめ込む確かなリズム感や、会話として文脈を繋げる高い国語力が最低限でも必要になります。“ただ韻をあつらえる”だけでは、決してできないスタイルなのです。ライム巧者は得てして“韻だけ”とディスられますが、何かに特化するスタイルをとるならば、それ相応の実力と、覚悟が必要なのではないかと私は思います。

なんにせよ、やはり伝説のBATTLEは何度見ても興奮しますね。今後も、歴史に残る名勝負が数多く出てくることに期待しています。そして、その度に過去の名勝負を見返し、改めてその歴史を噛みしめていきたいなと思います。

【M.B.H~MC BATTLE HISTORY~ by 晋平太】


では、今回はこのへんで。

[追記]コメントで間違いの指摘をいただいたので、修正しました。ご指摘ありがとうございました。

関連記事

10 Comments

TK  

リクエスト

初めまして。いつも興味深く記事を読ませていただいてます!
リリック書き起こしのリクエストなのですが、罵倒2012決勝のTKda黒ぶちvs輪入道の試合を是非書き起こしていただきたいです!もしよかったらお願いします(^^)

2016/02/12 (Fri) 03:40 | EDIT | REPLY |   

-  

度々コメントしている者です。
時代を変える伝説のバトルは、得てしてUMBファイナル一回戦で起きるものなのでしょうか。MCバトルの大きな分岐点として語られているこの【FOEK vs HIDADDY】

FORKの綴りが誤っています。

2016/02/12 (Fri) 07:50 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: リクエスト

> 初めまして。いつも興味深く記事を読ませていただいてます!
> リリック書き起こしのリクエストなのですが、罵倒2012決勝のTKda黒ぶちvs輪入道の試合を是非書き起こしていただきたいです!もしよかったらお願いします(^^)

リクエストありがとうございます。
あの試合は感動的な名勝負でしたよね。MC正社員さんも涙したと以前語っていました。ただ、書くかどうかは検討させてください。他の方からの既に頂いているリクエストや、自分が書きたいものもありますので、またバトルリリック書き起こしをしたくなった時に何を書くのか考えさせてもらいます。その時はこの試合も候補の一つとしていれさせてもらいますね。わざわざリクエストありがとうございました^^

2016/02/13 (Sat) 19:26 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 度々コメントしている者です。
> 時代を変える伝説のバトルは、得てしてUMBファイナル一回戦で起きるものなのでしょうか。MCバトルの大きな分岐点として語られているこの【FOEK vs HIDADDY】
> FORKの綴りが誤っています。

いつもコメントありがとうございます。
コメント返しが遅くなりましたが、ご指摘いただいてすぐに記事の方を修正させてもらいました!こういった細かいご指摘とても助かります^^また些細な点でも構いませんので、お気づきの点ありましたらよろしくおねがいします!ありがとうございました^^

2016/02/13 (Sat) 19:28 | EDIT | REPLY |   

すみません  

あの急にすいません。
別にリリックを書き起こしてほしいというわけではないのですが、umb2013のr指定対kowree戦でr指定の1バース目の最後に英語らしき言葉を言ってその後に涙落とすという韻をふんだのですがその英語らしき言葉がなにを言ったのか全然わかりません。もし分かれば教えてくれれば嬉しいです。

2016/02/21 (Sun) 02:42 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> あの急にすいません。
> 別にリリックを書き起こしてほしいというわけではないのですが、umb2013のr指定対kowree戦でr指定の1バース目の最後に英語らしき言葉を言ってその後に涙落とすという韻をふんだのですがその英語らしき言葉がなにを言ったのか全然わかりません。もし分かれば教えてくれれば嬉しいです。

再度見なおしてみましたが、これ確かに難しいですね^^;おそらく誰かのリリックの引用なのでしょうが、私もわかりませんでした。言い出しは「requiescat in pace(R.I.P)~」といっているのかなと思ってましたが、何度も聴いていると「これもしかして日本語なのかもしれない」とすら思ってくるくらいわからなくなってきますね。。お力になれずすみません。もしわかれば、またコメントを返させていただきたいと思います。

2016/02/21 (Sun) 11:19 | EDIT | REPLY |   

Pooler  

初めまして!

初めまして、こんにちは。
Pto6さんの記事、よく見させてもらってます!
この試合すごくいいですよね。
僕もこの試合に衝撃を受けて、ラップを始めました(笑)
Hidaの1バース目の「習得したいし 俺が優勝とりたいし」というライミングですが、「俺が言う、賞とりたいし」に僕には聞こえます!
まあ、どちらにしろ意味合いは変わりませんが、間があるのは違う言葉だからなのかなって思います!

2016/03/17 (Thu) 17:56 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: 初めまして!

> 初めまして、こんにちは。
> Pto6さんの記事、よく見させてもらってます!
> この試合すごくいいですよね。
> 僕もこの試合に衝撃を受けて、ラップを始めました(笑)
> Hidaの1バース目の「習得したいし 俺が優勝とりたいし」というライミングですが、「俺が言う、賞とりたいし」に僕には聞こえます!
> まあ、どちらにしろ意味合いは変わりませんが、間があるのは違う言葉だからなのかなって思います!

Poolerさま
コメントありがとうございます。読んでいただけて嬉しいです^^
ご指摘の部分は、私にとっては新しい視点でとても新鮮に思いました!
仰るとおり、それでも意味は通りますし、敢えて間をあけているという推測もとても説得力があると思います!

ただ、やはり文章としての自然な成り立ちとして両者を比べた場合

・俺が優勝とりたいし
・俺が言う「賞とりたいし」

では、前者のほうが日本語として自然なのかなと思いました。(もちろんラップなので後者でも有りなのですが)

それと、間を開けた部分についても、改めて考えてみたのですが

・ビートの着地に合わせる為
・“優勝”という言葉を強調する為

なのではないのかなと思いました。これはあくまでも私の推測ですが^^;

ということで、この部分はすみませんが、とりあえずこのままにさせてください。
せっかく新しい視点でご意見をいただいたのに申し訳ありませんが、ご理解いただけたら幸いです。
ご指摘ありがとうございました^^                        

2016/03/17 (Thu) 19:25 | EDIT | REPLY |   

けむし  

初めまして。
このバトル良いですよね。
見過ぎてDVDが飛んでしまうくらいみました。笑

ところでHIDADDYのバースなのですが
「俺の抜けてくコーナーはinからoutしてin」
じゃなく
「俺の抜けてくコーナーはinからout シケイン」
だと思いますよ。
そのあとの「後ろの2人はしけてていいんか?」にも繋がりますし。
あと、細かいけど「3vs3のほんまのバトル」だと思います。細かくてすみませんがよろしくです。

2016/04/10 (Sun) 06:24 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 初めまして。
> このバトル良いですよね。
> 見過ぎてDVDが飛んでしまうくらいみました。笑

けむし様
コメントありがとうございます。
私も特に大好きなバトルです!最高のバトルですよね。私も何度も見返してしまいます^^

> ところでHIDADDYのバースなのですが
> 「俺の抜けてくコーナーはinからoutしてin」じゃなく
> 「俺の抜けてくコーナーはinからout シケイン」だと思いますよ。
> そのあとの「後ろの2人はしけてていいんか?」にも繋がりますし。
> あと、細かいけど「3vs3のほんまのバトル」だと思います。細かくてすみませんがよろしくです。

なるほどですね!シケインって言葉私知りませんでしたが、調べたらピッタリの言葉ですね。後ろとの繋がりについても納得です!あと、「ほんまのバトル」の方も、聴き返したら、確かにそうでした。両方とも、そのように修正させていただきます^^

ご指摘ありがとうございました!!

2016/04/10 (Sun) 18:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ブログパーツ