HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

動画を投下④(UMB 2014 FINAL DVD Trailer)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は昨日アップされた激アツな動画をご紹介。
何度、リピートしたかわからないほど激ハマリしております。

【UMB 2014 FINAL DVD Trailer】


いやぁ熱い!結果は全部知っているのに早く見たくてたまらなくなる紹介動画です。DVDよ、早く届いて。

紹介されている全試合熱いですが、その中でも特に気に入った試合やパンチラインを書いていきましょう。

【R指定 vs DOTAMA】
当ブログでも以前ご紹介したUMBのpodcastでも少し紹介された因縁の勝負。音声だけは聴いていましたが、やはり映像でみると更に緊張感伝わりますね。DOTAMAの顔が怖い!笑

UMB podcast R指定特集の記事はこちら

先行のR指定が、自身とDOTAMAとで最も力の差を客に見せることができる「フロー勝負」を挑みます。やはり、R指定のビートの乗せ方のバリエーションは多くてすごいですね。リズミカルにライムも踏んで会場は激上がりです。

それに対し、なんとDOTAMAもライムを混ぜ込んだ「フロー」で応戦。お互いの得意スタイルでぶつけ合うスタイルウォーズになると思いきや、DOTAMAはR指定の土俵に果敢にも乗り込んで勝負をしていくのです。そしてそのクオリティもかなり高い。R指定も正直驚いたでしょう。そして最後にはR指定のアルバムに対するdis。強烈ですね。

この試合は延長試合なのですが、この勝負でも決着がつかず再延長になります。いやぁ続きが楽しみですね。

【ふぁんく vs サイプレス上野】
”同じくらいのデブ対ブタ、どっちが映えるかこの大舞台

さすがR指定も憧れる梅田サイファーのアイドル<ふぁんく>。ふぁんくは「REVENGE WEST代表(西エリア敗者復活)」として本戦に出場しました。その予選大会ではユーモアを押し出した「お笑いスタイル」で勝ち上がり、podcastを聴いたネットの反応では評価はあまり高くなかったように思います。しかし蓋を上げれば本戦でベスト4の大活躍でした。

実は私、今年のUMB podcastの中で最も聴き返した回がこの<ふぁんく>が特集された「REVENGE WEST」の回でした。だってめちゃくちゃ面白くて聴き応えがあったんですもの!

笑いを誘うラップは確かなスキルがあるからこそ成り立ちます。確かな演奏技術がないとヴィジュアル系バンドができないのと同じですね。ふぁんくのラップスキルは本当に高いです。その実力が大爆発した今回のUMB本戦のバトル。めちゃくちゃ見るのが楽しみです!

【MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻 vs SURRY】
いや、でもこの動画の中の試合で最も上がったのはなんといってもこの試合でしょう。この試合の<SURRY>はめちゃくちゃすごいです。

本戦の当日、ネットの実況版や実況Twitterでもこの試合の直後はものすごく盛り上がってました。それはそうでしょう。あの強者揃いの「UMB東京予選」を勝ち上がった「高校生ラップ選手権王者」の<MCニガリ>を、実力は誰もが認めながらも、これまであまり栄光を浴びてこなかった正統派ベテランラッパーの<SURRY>が破ったのですから。

しかし、その事実だけでなく、内容も凄まじかったのですね。バチバチのぶつかり合いバトルの最後、SURRYがかました凄まじいパンチラインが秀逸です。

”MCニガリ?赤い稲妻?腐った名前でバカ粋がるな!”

これは勝負ありですね。
そのまえの「特攻隊長」と「とっとと退場」などのライムもバッチリハマってましたし、この最後の8小節だけでも完全にSURRYの実力がわかります。なによりベテランSURRYが、超新星ルーキーを力でねじ伏せ、格の違いを見せつける構図がたまらなくカッコイイのです!

そんなSURRYですが、昨日(3/25)1st FULL ALBUM【Grand Bulled】を発売したそうです。
長いキャリアなのに、意外にもやっと一枚目なのですね。それだけここまで長く険しい道のりだったのでしょう。
サリー

バトルからの印象とはいい意味で違うSURRYの作品。一気にハマりました。CDもなんとかゲットして今後も応援していきたいと思います。


バトルで好きになったアーティストの音源を聴き、また好きになる
こんな幸せなことはないですね。こんな風にHIPHOPがどんどん広まっていけばいいですね。

では今日はこのへんで。



関連記事

0 Comments

Leave a comment

ブログパーツ