HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

日本の名盤・基本の定番㉚(CHAMBERS by Steady&Co.)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、毎年この時期になると無性に聴きたくなる作品、Steady&Co.【CHAMBERS】について書いてみたいと思います。

あまりに思い出深き作品の為、多大なる思い出補正が入ること、そして感想というより“思い出話”に近い内容となってしまうことを、何卒ご了承いただけると幸いです(笑)

それでは、いってみましょう。

【CHAMBERS by Steady&Co.】
CHAMBERS by Steady&Co. 

<収録曲>
1. S・T・E・A・D・Y -intro-
2. Chambers
3. 風まかせ
4. Hip Drop
5. Sorrow
6. 春夏秋冬
7. Time Erases Everything
8. Jammed Train Blues -inter-
9. Pass da Mic
10. Wonderland
11. Only Holy Story
12. Up and Down
13. 月光浴
14. Stay Gold
15. After Hours -outro-


2001年冬に発売された本作。その頃は、Dragon AshやRIP SLYME、KICK THE CAN CREW等の台頭により、メジャーシーンにおいてもラップミュージックの人気が高まっていた時代でした。そんな時代の後押しもあり、本作は70万枚に迫る大ヒットを記録します。そのため現在のアラサー以上の世代においては、コアなファンじゃなくても耳にしたことのある作品なのではないでしょうか。

Dragon Ashのボーカル降谷建志(kj)とDJのBOTSRIP SLYMEILMARIスケボーキングSHIGEOという、当時シーンで多大なる人気を博した3グループからメンバーが集結した豪華なユニットSteady&Co.。特に3MCがどれもタイプの異なる色男揃いということもあり、シングル2枚、アルバム1枚という極めて少ないリリースにも関わらず、当時絶大なる人気を獲得していました。

その頃、既にHIPHOPやラップミュージックに熱中していた私としても、もちろん彼らの出現には大興奮していました。CDショップの店頭で一番いいところに陳列される彼らのCD、大々的な広告と共にスクリーンで流される彼らのPVを見かけては、ひとりのファンとしてその光景を嬉しく眺めていたことを今でも鮮明に思い出します。

そして、今でもこの時期、冬になると無性にこのアルバムを聴きたくなってしまいます。そして、聴くたびその当時の事や、このアルバムを聴きながら過ごしていた冬の日々の思い出が、蘇ってくるのです。

【Only Holy Story】


“その真心はどこの男のトコでもなく俺の所”

この【Only Holy Story】は、シングルで発売された2曲と並びこのアルバムを代表する楽曲のひとつです。クリスマスイブ聖なる夜における三者三様の恋愛模様。その男達の哀愁漂う心情描写とロマンチックなストーリーに、当時私の同世代においては、男性よりもむしろ女性に高い人気を博していた楽曲でした。

HIPHOP畑における言葉を使い、セルアウトと言い捨てることは容易いかもしれません。しかし、ループトラックやライミングといった基本に忠実なHIPHOP要素をしっかりと残しながら、POPミュージックしか聴いたことのないリスナー層をも虜にしてしまうということは、とてつもなく凄いことのように私は思います。楽曲制作における絶妙なバランス感覚と、抜群の味付けセンス。そんな彼らの素晴らしい魅力の一端が、この一曲を聴いただけでも私は感じ取ることができました。

続いてもう一曲。シングル曲であり、彼らの代表曲のひとつとしてもよく知られている楽曲【春夏秋冬】についても少しだけ書いてみたいと思います。

【春夏秋冬】


“時に俺たちは喜び 心に綻び一つ無い子供に”

実はこの楽曲は、私が生まれて初めて買ったシングルCDという意味で個人的に思い出の深い楽曲です。前のシングル【Stay Gold】をテレビで聴き彼らの存在を知った私は、それ以来、彼らの新作を心待ちにしていました。そして、発売日前日に初回限定版で購入。ジャケットが4人の写真入り卓上カレンダー仕様となっていて、とても喜んだことを覚えています。

わかりやすく韻を踏むカッコいいラップとキャッチーなフック、一度聴くと忘れられないトラック。歌いやすい楽曲ということもあり、当時同世代の男友達とカラオケに行く度にパート分けをして歌っていたことを思い出します。また、この楽曲は私にHIPHOPにおけるサンプリングの面白さを初めて体感をもって味わわせてくれた楽曲でもあります。

元ネタは、kjと客演曲を出して交流を持っていたアーティストAIR【夏の色を探しに】。もともと私が好きなアーティストで原曲を知っていたからこそ、気づいた時とてもうれしい気持ちになると共に、サンプリングって面白い!と心底感じることができました。

【夏の色を探しに by AIR】

今回ご紹介した二曲以外の楽曲も、素晴らしいものばかりです。もう一つのシングル曲【Stay Gold】は言わずもがな。当時毎日のようにお風呂で歌っていたので、今でも空でリリックが出てきます。そして、アルバム通して聴いてもらえばわかるように、シングル曲以外の楽曲は、より一層HIPHOP要素の強い楽曲が揃っています。それまでHIPHOPを聴いたことなかったリスナーでも入りやすく、それでいてHIPHOPという音楽的要素の一端は確実に感じ取れるバランス。アルバム全編通しても、彼らのエッセンス配分のセンスが遺憾なく発揮されているように思います。

きっと、このアルバムをキッカケに、日本語ラップに興味を持った人も少なからずいるのではないでしょうか。そういう意味では、日本のシーンにおける彼らの貢献度は決して低いものではないように思います。そして、そういうのを抜きにしても、このアルバムが私にとってこれからも大切な一枚であり続けることは間違いありません。

Steady&Co.の活動再開は今後おそらくはないでしょうが、彼らのようにメジャーシーンとHIPHOPシーンとの懸け橋になれるような、そんな絶妙なバランス感覚をもったアーティストが、今後も多く表れることを私は心から願っています。いろんなアーティストが出てきて、面白いシーンになればいいですよね。

では、今回はこのへんで。



関連記事

2 Comments

-  

現時点ではsaluが一番それに近い存在ですかね。ジンメンウサギとよくコラボしてる電波少女も一般層、メジャーにも受け入れられる要素が高いと思います。

2016/12/24 (Sat) 02:37 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 現時点ではsaluが一番それに近い存在ですかね。ジンメンウサギとよくコラボしてる電波少女も一般層、メジャーにも受け入れられる要素が高いと思います。

コメントありがとうございます。
確かにSALUの最近の動きを見ていると、メジャーシーンへ意識的に働きかけていますよね。電波少女もしかりです。
是非ともこれからも日本のHIPHOPシーンを面白くする存在であり続けてほしいなと思っています^^

ただ、それら二組をもっても一般層から受け入れられているかというとやっぱりまだまだな気がしますよね。。
当たり前のようにオリコンチャートの上位に入り(今のチャートに入ってもという気はしますが・・・)、
カッコいい音楽、いい音楽だからという理由で、多くの人から当たり前のように選ばれて聴かれる。
日本語ラップシーンからそんなアーティストが一人でも多く出てきてほしいなと思います^^
上記で挙げていただいた2組も、そういうアーティストになって欲しいですよね^^

2016/12/25 (Sun) 18:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ブログパーツ