HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

動画を投下㉙(Keep On Runnin’ by 裂固)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、先日MVが公開された裂固の新曲【Keep On Runnin’】について書きたいと思います。王道テーマの中に“裂固らしさ”を余すことなく散りばめた、今後における彼の代表曲の一つとなるだろう魅力溢れる楽曲です。

それでは、いってみましょう。

【Keep On Runnin’ by 裂固】


“人生諦めた奴に費やす暇があるか?”

新しい楽曲が発表されるたび、若手MC達の成長スピードにはいつも驚かされてしまいます。その中でも、成長著しいMCのひとりだと私が感じているのがこの裂固です。自身の哲学、決意表明、セルフボースト、地元レペゼン等、HIPHOPにおける王道のテーマを盛り込んだこのストレートな楽曲でも、そんな彼の留まることない進化を感じることができます。

まず、この曲を聴いて真っ先に感じたのは、裂固のラップにおける“声”の変化でした。これまで私は彼の楽曲を聴いていて、“声質で少し損をしているかも”と感じることが何度かありました。しかし今回の楽曲では、発声法の変化なのか、LIVEやバトルで声帯が鍛えられたのかまではわかりませんが、ラップを繰り出す彼の声に味わいと魅力が増しているように感じました。各バース隅々まで彼の熱量が行き渡った生き生きと漲る声に、これまでにない魅力を感じたのです。

そういうフィジカルな面でも、まだまだ伸びしろがあるということなのでしょうか。伸び盛りのMCというのは本当に末恐ろしいですよね。そして、声だけでなく歌い方や佇まいにも年齢以上の貫禄がどんどんと備わってきているようにも感じます。それが説得力となり、リリックに更なる力を与えているように思います。

今回の楽曲プロデュースは、ICE BAHNBEAT奉行が手掛けています。これまで、裂固のスタイルを語る上でよくICE BAHNのFORKとの比較を耳にしましたが、今回そんなRHYME至上主義ICE BAHNのクルーから楽曲提供を受けたということで、裂固のライミングもある意味で“折り紙付き”となったと言えるのではないでしょうか。両方のファンである私としては、このコラボはとても嬉しいことでした。


そんな裂固における最大の特徴はやはりライミングです。私は前述のFORK含め、ライミング巧者のMCが大好きです。しかし、韻が固いラップをするMCは数多います。その中でなぜFORKや裂固のことが好きなのかと問われると、彼らが他とは違うセクシーなライミングをしているから、と私は答えるのではないかと思います。

母音を合わせる為だけの不細工な踏み方をせず、あくまでもスマートかつ上品に韻を配置していくのが裂固の魅力です。踏みたいだけの言葉を無理やりいれるのではなくあくまで自然に、それでいて意味としての必然性はしっかりと伴わせて彼は言葉を紡いでいきます。多くの先人達に踏み潰された足跡だらけの道は避け、真っ新な荒野を模索し踏み入れようとする高い美学を彼のライミングからは感じるのです。そんな彼だからこそ、たとえ使い古された言葉のライムにも、息を吹き返すようなフレッシュさを纏わせることができるのではないでしょうか。それをあれだけタイトに詰め込めるのですから、卓越した言語センスと言うほかありません。

バトルなどでもよく耳にする「お前は韻だけ」という彼に対するディス。私はそれを聞くたびに首を傾げてしまいます。なにか一つでも突き詰め極めることができる。そしてそれを“個性”にまで昇華させ、最大の“武器”にできる。これは並大抵の人にはできない偉業であり、リスペクトに値することではないでしょうか。そして、更にそのディスが的外れなのは、裂固は決してライミングだけのMCではないという点です。

ライミングを用いて生み出す独特のリズムとグルーヴ。ライミングを入れることでパンチラインとして胸に響かせる意志の通ったリリック。ライミングを最も光らせることを心得た心地の良いフロー。彼は自身最大の長所ライミングを中心に据えながら、それと相乗効果を生み出すようにその他のスキルを駆使しラップを繰り出しているのです。ライミング以外のスキルが伴っているからこそ実現できるスタイルであり、それらのスキルがあることで彼のライミングが輝きを放っているのです。そして、それらが総合され“裂固”という個性が生み出されているのだと私は思います。

2015年、UMB愛知予選で呂布カルマを倒したことで全国でも名前が囁かれはじめた裂固。そこから彼は高校生RAP選手権を優勝し、フリースタイルダンジョンに出場、SCHOOL OF RAPとSPOTLIGHTの二冠達成を経て、先日のKING OF KINGSにも出場を果たしました。まさにあらゆるチャンスを実力でもって掴み取り、最大限バトルを活用しながら自身の名前を売り、プロップスを獲得してきたのが今の裂固なのです。

自分の音源を聴いてもらうだけの知名度とそれを作る環境は整った。ここからは音源でただ唸らせていくだけだ。そんな裂固の熱い決意が感じ取れるような今回の楽曲【Keep On Runnin’】。この曲を聴いていると、今後の彼が歩む旅路への期待感が一層高まってくるのを感じてしまいます。

裂固 

さて、今回は裂固の楽曲【Keep On Runnin’】について書いてみました。曲を出すたび飛躍的な進化を遂げている裂固。次に出される楽曲も、今から楽しみでなりません。バトルだけでなく音源の方でも高みを目指す彼を、これからも大きな期待と共に注目していきたいなと思っています。

では、今回もこのへんで。







関連記事

2 Comments

新潟のオタクビーボーイ  

裂固すごいいいですよね!

お久しぶりです!
裂固上手いしかっこいいですよねー!

裂固のバトル見てて、いつもすごいなーと思うのは
例えばレオクマ戦
「またオンボロ(A)な舵をコントロール(A)
ザコは消えろとっとと(A) 本物 (A)見せる お前を落とすどん底(A) 極上物(A)
ばっちり(B)とお前みてえな臆病者 (A)の前で
かまし出す(C) 今日はぶっ千切(B)ってやろうか 鼻ピアス(C)」

前の韻(A)との落ちの韻(B)間が自然なところが特にすごいと思うんですよねー!
これかっこよく自然にやれるラッパーいないと思うんですよね。
いつの間にか他の韻に移ってて、気持ちいい。
今後も楽しみです!
誰にも伝える相手がいなくて書きました!笑

追伸
ガドロさんの特集もお待ちしています。

2017/01/20 (Fri) 14:24 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: 裂固すごいいいですよね!

> お久しぶりです!
> 裂固上手いしかっこいいですよねー!


新潟のオタクビーボーイさん
お久しぶりです^^またコメントいただけて嬉しいです。


> 裂固のバトル見てて、いつもすごいなーと思うのは
> 例えばレオクマ戦
> 「またオンボロ(A)な舵をコントロール(A)
> ザコは消えろとっとと(A) 本物 (A)見せる お前を落とすどん底(A) 極上物(A)
> ばっちり(B)とお前みてえな臆病者 (A)の前で
> かまし出す(C) 今日はぶっ千切(B)ってやろうか 鼻ピアス(C)」
> 前の韻(A)との落ちの韻(B)間が自然なところが特にすごいと思うんですよねー!
> これかっこよく自然にやれるラッパーいないと思うんですよね。
> いつの間にか他の韻に移ってて、気持ちいい。
> 今後も楽しみです!
> 誰にも伝える相手がいなくて書きました!笑


そのように改めて書き起こしてみると、彼のすごさがわかりやすいですね。私もこのような複雑な構造まで正しく把握できていませんでした。確かに、すごい。教えてくださりありがとうございました。
このように流れの中で高度なことができるMCはあまりいないかもしれませんね^^
彼は音源やLIVEも精力的ですし、その実力もめきめきついてきているので今後が本当に楽しみです。


> 追伸
> ガドロさんの特集もお待ちしています。


今のところは書く予定はないですが、いつか衝動に駆られたら書くかもしれません。笑
少なくとも、私などが書かなくても彼についての言及は今、世の中にあふれかえっていますからね^^
まさにヒップホップドリーム!

2017/01/25 (Wed) 22:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ブログパーツ