HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

日本の名盤・基本の定番㉜(REBUILD by BES from SWANKY SWIPE)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、久しぶりに日本の旧譜作品について書きたいと思います。対象の作品は、SWANKY SWIPEやSCARSにも所属するラッパーBESの1stアルバム【REBUILD】です。このアルバムは私にとって、時間をかけてじわじわと好きになっていった、そんな作品でした。

この記事では、そんな本作について、そしてラッパーBESについて、その魅力や私が感じていることを書いていきたいと思います。聴く人によって大きく評価が分かれると思われるこの作品ですので、一意見として参考にしていただければ幸いです。

【REBUILD by BES】
BES REBUILD 

<収録曲>
 1. The Process
 2. How How High feat.メシアThe Fly
 3. Rebuild feat.漢
 4. Fucked Up Bowy
 5. Skit_1
 6. So Hard feat.ONE-LAW
 7. ネバギバ feat.STICKY
 8. 勘ぐりと瞑想と困惑
 9. Skit_2
 10. I Need... feat.麻暴、GUINNESS
 11. City to City Block to Block feat.ILL-PIERROT
 12. Get On The Mic feat.仙人掌
 13. On a Sunday


天才ラッパーBES。その卓越したスキルから、多くの人が彼のことをそう呼びます。しかし、ここで恥を承知で告白させていただくと、数年前に初めて彼の音源を聴いた時、私は彼がなぜ“天才”とまで言われるのかを、正直理解することができませんでした。

確かに、声とラップがカッコいいのは間違いないのですが、絶賛されているリズムやフローについても特別な派手さがあるというわけではなく、このビートに対してはこの乗り方以外ないという形でただ乗っているだけのように当時の私は感じたのです。また、もともとクリーンなヒップホップユニットからこの音楽を知り、ストリートとはかけ離れた平凡な生活をしていた私にとっては、アンダーグラウンド感漂うそのリリックにおいても、当時はそれほど響くものがなく、結果、このアルバムと出会ってからしばらくの間、しっかりと聴き返すということを私はしませんでした。

しかし、それから月日が経ち、その後いろんなヒップホップの音楽に触れた後、ある時、私はハッと気づくことになるのです。あの頃、当たり前のように感じていた“ビートに対してこの乗り方以外ないという形で乗る”ということが、いかに難しく、とてつもなく凄いことだということを。

ビートに対して“正解”の乗り方を繰り出すラッパーはプロにおいては数多くいますが、BESは常に“大正解”を私たちに提示してくれます。それゆえ、初めて彼の音源に出会った当時の私は、初聴のビートにおいて最初からBESの“大正解”を聴かされたものだから、そのあまりの自然さに、そのビートとの溶け合い方に、まったく違和感を感じず、当たり前のように「このビートにはこの乗り方しかない」と思わされていたのだと思います。だからこそ、その革新的な凄さに気づくことができなかったのではないか、私は今ではそのように理解しています。

そして、当時はまだ抵抗のあったアングラ的なリリックについても、聴く上での楽しみ方を習得した後に改めてみてみると、その表現におけるリリカルなセンス自分の内面をリアルに写し出す巧みな心理描写の数々に思わず息を飲んでしまいます。

その風貌から醸し出される圧倒的な存在感、声量に恵まれた魅力的な声ビートに対する抜群のアプローチセンスナチュラルで華のあるフロー、的確にツボを押さえる卓越したリズム感、そして、リリカルで巧みなリリシストの才覚。それらを兼ね備えた無敵のラッパーがBESなのです。今なら私も、皆と声を揃えて言うことができます。BESは類稀なる天才ラッパーだと。

【The Process】

“いつからか空の逆を眺め歩いた 気付けば背中曲線描いた”

そんなBESのラップスキルについて、先日発売された話題の書籍【MCバトル史から読み解く日本語ラップ入門】の中で著者のDARTHREIDERは下記の様に言い表しています。これはあくまで彼のフリースタイルラップについて書かれた評ではあるのですが、音源においても同様の魅力があるように私は思います。

“ビートのどこに言葉を置くかのセンスが天才的です。小節の頭でためて、ケツには字余りで詰め込んで、ビートのいちばん端っこにキュっと言葉を滑り込ませる。このバランスがとても繊細かつ大胆、そして圧倒的にカッコいい”

非常に要を得た的確な表現ですよね。私はこの文章を読んだとき、思わず大きな頷きを返してしまいました。余談にはなりますが、この書籍はこのように様々なラッパーの魅力について数多く書かれており、また、日本語ラップの歴史観を掴む上でもとても参考になる読み応えある書籍ですので、興味のある方は是非とも読んでみてください。おススメです。

さて、話をBESに、このアルバム【REBUILD】に戻しましょう。このアルバムはタイトルの通り「REBUILD=再建」をテーマに作られたアルバムでした。この作品を作っていた当時の彼は、自暴自棄なライフスタイルの中、混沌としたネガティブなコンディションの中、必死にもがき、なんとかラップの力で自身の精神と人生を再建しようとしていた頃でした。そんな当時のBESの痛々しい心境、自虐的で弱々しいマインドが、このアルバムにおいては赤裸々に語られています。後悔、懺悔、葛藤、歯痒さ・・・。なんとも人間臭いBESの姿がそこには等身大に描かれているのです。

そのようなネガティブなマインドに切り込んだ内省的な作品であるため、このアルバムは全体として、薄暗くて汚い、下品で邪な、陰険で陰湿な、臆病で粗暴な、そんな聴いていてツラくなる、耳を塞ぎたくなるような内容も数多く出てきます。しかし、そんな内容にも関わらず最後まで聴き通せてしまうのは、何度でも聴き返してしまうのは、前述したとおりBESの芸術的ラップスキルがあるからこそではないでしょうか。BESも卓越したラップスキルがあったからこそ、ここまで自身を曝け出した内容を作品にできたのかもしれませんね。

【How How High feat.メシアThe Fly】

“緑の霧 また粉雪が舞う むせ返る 
この街中で赤く光る はき捨てる紫のバース”

さて、そんな基本的にBESの内面について歌われているこのアルバムですが、それ以外の面でみてみると、一つの特徴としてその豪華な客演陣というのがあげられます。メシアThe FlyONE-LAWSTICKY麻暴GUINNESSILL-PIERROT仙人掌。なんとも濃いメンツですよね。やはり、才能のあるラッパーには才能のある仲間が寄ってくるものなのかもしれません。

常にビートに対し“大正解”を繰り出すBESと並び、これら個性豊かな客演陣は自身にしか出せない“唯一無二の正解”を出すことで楽曲に様々なアクセントを添えています。これだけスキルフルなラップを繰り出すBESと並んで遜色のないラップができているという点をみても、さすがBESが自身のソロ初作品に招いただけのことはある実力者揃いのメンバーですよね。

【On a Sunday】

“外の見えない窓姿探した
 便箋に落ちる涙インクに滲んだ
 何度寝れない夜を過ごした
 だらしない男 a.k.a. パパ”

アルバムの最後を飾るこの楽曲は、最もアルバムコンセプトが反映された楽曲といえるかもしれません。自身の行いのせいで家庭崩壊を招き、多大なる迷惑をかけてしまった息子に向けて歌われた懺悔の曲。その優しい語り口と胸を打たれるリリックにより、BESが失ったもの、REBUILD(再構築)してでも取り戻したいものが明確に提示され、アルバムの最後に大きな余韻を残します。

しかし残念ながら、多くの人が既にご存知のとおり、BESが本作で志した再建はアルバムリリース直後に儚くも夢と散ります。その後においてもドラッグに溺れる生活を抜け出せなかった彼は、二度にわたる長い服役を余儀なくされるのです。様々な分野における天才達がかつてそうであったように、彼もまた人間的にはどこか欠落した、不安定な精神に侵されていたのかもしれません。

2016年に釈放された彼は、現在、精力的に作品を出すことで再び再建に向け動いています。Re:Re:Rebuildこそは、是非とも成功させて欲しいと私は願っています。日本社会の為、日本HIPHOPシーンの為、BESの家族や仲間の為、そしてなによりBES自身の為に。

それでは、今回はこのへんで。




関連記事

0 Comments

Leave a comment

ブログパーツ