HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

旬な話題は損なわない②(9sari・Libra UMB2015最新動向 Part1)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、<鎖GROUP(9sari)>と<Libra>との問題で揺れる中、双方それぞれにスタートを切ったUMB2015の現時点の最新動向について書きたいと思います。これから更に活動が活発化していくと思いますので、ここで一度整理してみましょう。

9sari UMB

9sari

先日ついに公式HPがオープンし、以前から公開されていた大会スケジュールに加え、大会におけるルールも発表されました。このルールがLibraのUMBと大きく異る点だと思うので、まずはこのルールを整理してみましょう。

【9sari UMBのルール紹介動画】


◆9sari UMB大会ルール
-----------------------------
①観客判定:1ポイント
・歓声の大きさによる判定(既存バトル大会と同様)

②審査員判定:1ポイント/人(計3ポイント)
・8小節1ターン毎に10 pomt must systemで採点
 採点は4つの判定基準により判断
 ⅰパンチライン
 ⅱアグレッシブ(有効な攻撃)
 ⅲジェネラルシップ(主導権支配)
 ⅳカウンター


③合計4ポイント先取で勝利決定
-------------------------------

[追記]上記ルールは動画の説明と一部異なりますが、現行ルールに修正しています。

②がLibra版と大きく異る点です。Libra版では陪審員(観客からランダムに先出)判定なので、実質会場に来た観客の判定が全て決めるシステムになっています。

それに対し、この鎖版は②でプロの審査員(鎖GROUP先出)の判定が入っています。MC漢曰く、MCバトルの更なる発展の為に、素人目線だけでなく玄人目線による判定を入れたということです。

またこの②については、各審査員は勝ったと思うMCをただ発表するだけでなく、ボクシング等で採用されている採点システム『10 pomt must system』にて点数化をするようです。

【10 pomt must systemについて】
・8小節1ターン毎に採点、各ターンの合計点にて判定
・各ターン優勢な方を10点とし、劣勢な方を減点
・点数は10対10(引き分け)~10対7(最大差)


更にこの採点するにあたっては、先出される審査員によって大きく判定に差異を生まない為に、公平性とわかりやすさの面から4つの採点基準が設けられています。

【4つの判定基準について】
ⅰ. パンチライン
 有効なRHYMEを繰り出し、よりダメージを与えた方を優勢とする
ⅱ. アグレッシブ(有効な攻勢)
 より攻撃的である方を優勢とするが、自己紹介的なRAPではなく、BATTLE RHYMEとして成立しているかどうか
ⅲ. ジェネラルシップ(主導権支配)
 個性的なFLOWやSKILLで巧みな試合運びをし、主導権を支配している方を優勢とする
ⅳ. カウンター
 相手の攻撃に対する具体的なアンサーを返せたかどうか

明確な基準ですね。私はよく考えられた4項目だと思いました。ちなみにMC漢の定義では、『パンチライン=2小節以上で(『前置き』と『オチ』があり)韻を踏んでいるライン』だそうです。

このルールにより審査員が恣意的に勝者を選ぶことを防ぎ、ある程度の共通的視点による判定を実現すると共に、客観的にも理解を得やすい判定ができることが期待されます。

戦うMC達にとっても戦略が立てやすいし、納得感も得やすいかもしれません。鎖UMBファイナルはTV放送されるそうなので、それを意識して誰が見てもわかりやすいルールを定めたのだと思われます。

しかしこのルールについては、ネットでは賛否両論があり、「これだけルールを固められたらMCは言い訳しようがない」という肯定的な意見がある一方、「これこそMCバトルのスポーツ化なのではないか」という批判的な意見も見られました。

今後、実験的にこのルールを採用していくらしいので、しっかりと注目していきたいと思います。とにかくこの②審査員の判定の良し悪しが鎖UMBの命運を左右するので、審査員に誰が先出されるのかにも注目していきたいと思います。

◆9sari UMBスケジュール
鎖

東京予選ではMC漢もエントリーするそうです。他にはどんなMCがエントリーしてくるのでしょうか。ちなみに鎖UMBの予選は、LibraUMBと比べ以下のような違いがあります。

【9sari UMB予選の特徴】
・主要地区毎の予選
 都道府県毎には予選はない
・各予選に重複エントリー不可
 戦極・罵倒等、他の大会との重複は1回まで可能
・自由参加可ではなく、エントリー前審査がある
 バトルだけでなくアーティストとしての活動も問われる

また、なんといってもファイナルにあたる「GRAND CHAMPIONSHIP FINAL」はまさに鎖UMBの目玉とも言えるすごい内容になっています。

【9sari UMBチャンピオンシップ】
・鎖UMB予選優勝者に加え、高校生RAP選手権・戦極・罵倒等の他主要MCバトル大会王者が集結
・TV(WOWOW)にて放送される


TV放送についてはうまくいけば高校生RAP選手権以上の人気を博す番組になりそうな予感ですね。日本ヒップホップシーンが大きく動く予感がプンプンします。


Libra UMB

umb
さて、それに対するLibraUMBの現時点の動向もまとめておきましょう。大会ルールは発表されていませんが、おそらく例年通りだと思われます。

◆LibraUMB大会ルール
-----------------------------
①観客判定:1ポイント
・歓声の大きさによる判定(既存バトル大会と同様)

②陪審員判定:1ポイント
・陪審員は観客からランダムで先出(素人)
・陪審員は勝ったと思うMCの札を上げる

③合計2ポイント先取で勝利決定
-------------------------------

またスケジュールに関しても、今年も多くの都道府県にて予選大会が行われ、ファイナルは12月30日という例年通りのスケジュールとなっています。

◆LibraUMBスケジュール
Libra

◆現時点での予選勝者
OPENING GAME:松元
新潟予選:KRYZ
宮崎予選:MOL53
福岡予選:
岡山予選:紅桜

何より<MOL53>がUMBに戻ってきたのは熱いですね。もうLibraのUMBには出ないものだと思っていました。戦極MCバトルのレーベルからアルバムも発売することですし、もしかしたらそれもカムバックの大きな要因なのかもしれません。

【宮崎予選優勝MOL53・大会ベストバウト】


【MOL53の新曲“KAKATO”】


しかし、ということはMOL53は鎖UMBには出場しないのでしょうか。鎖UMBとも運営面でタッグを組んでいる戦極MCバトル所属のMOL53がLibraUMBを優先するのは少し不自然に思われます。しかもTwitter上では戦極MCバトルの主催者<MC正社員>がLibraUMBの宣伝を行ったりしていますし、はっきりいって戦極は鎖とLibraどっち付かずな感じが否めません。

そもそも、戦極、罵倒、ENTER等のMCバトル大会は鎖UMBの予選大会扱いをされていることを全面的に受け入れているのでしょうか。それとも「MCバトルシーンさえ盛り上がれば良し」という崇高な考えなのでしょうか。

そこらへんのことも踏まえて、他のMCバトル大会も含めたMCバトルシーン動向に今後も益々注目していきたいと思います。

最後に

さて、それぞれ本格的に動き出した鎖とLibraのUMB2015の現時点での動向を紹介しました。正直私としては、面白い試合が多く見れて、MCバトルが多くの人に広がり、日本HIPHOPシーンが大きくなれば、どちらが運営でも構わないと思っています。

ただ、それぞれが足を引っ張り合って、MC達も興ざめしてしまい、せっかく温まってきたシーンが萎んでしまうということだけは無いようにして欲しいと思います。これからも注意深く観察をしていきましょう。

では、今回はこのへんで。

【UMB最新動向Part2】はこちら

[追記]鎖UMBのルールが予選開催にあたり一部変更があったようなので修正しました。



関連記事

2 Comments

-  

最近MCバトルに興味を持ち始めて、Libraと9sariの関係がよく分かっていなかったので、すっきりしました!まとめていただき、ありがとうございます!ほかの記事もどんどん読んでいきたいです!

2015/09/22 (Tue) 10:53 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 最近MCバトルに興味を持ち始めて、Libraと9sariの関係がよく分かっていなかったので、すっきりしました!まとめていただき、ありがとうございます!ほかの記事もどんどん読んでいきたいです!

コメントありがとうございます。
私のブログは、まさにMCバトルに興味を持ち始めた方に読んで頂けたらなと考えて始めたので、そのような方に読んでいただけて大変うれしいです。わざわざコメントまで頂きありがとうございました。

先程も、このシリーズの最新記事をアップさせてもらったところですが、今後も出来る限りMCバトルシーンを追って書いていきたいと思っていますので、また読んで頂けたら幸いです^^

2015/09/22 (Tue) 13:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ブログパーツ