HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

旬な話題は損なわない③(9sari・Libra UMB2015最新動向 Part2)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

またまた9sari(鎖)とLibra双方のUMB2015に動きがあったようなので整理したいと思います。前回からの記事の続きとなっていますので、未読の方はそちらから読むことを推奨します。

【9sari・Libra UMB2015最新動向①】の記事はこちら

さて、では9sariのUMBから整理していきましょう。

9sari UMB

【9sari UMBチャンピオンについて】


◆今回の新たな発表事項
-----------------------------------------
①チャンピオンについて
 1.賞金:150万円
 2.その年度中、他のMCバトル出場禁止
 3.音源の作成を義務化
 4.音源作成は鎖グループが全面バックアップ

②B.G.S(BEAT GET SYSTEM)
 1.UMB FINALでは全試合オリジナルビート
 2.各試合の勝者はその試合のビートをGET
-----------------------------------------

【①チャンピオンについて】
まず①については、参加を検討するMC達は気になっていたところではないでしょうか。TV放送が決定していることから、FINALへ出場しただけで多くのプロップスを獲得できることはわかっていましたが、賞金の額も正直出場するか否かの重要な判断材料になると思います。

その点①-1については国内MCバトル大会最高金額なので十分魅力的でしょう。(TVの後ろ盾があるのでもっと多くても驚かなかったのですが)

ただ①-2については、少し慎重に検討しなければならない事項だと思います。これまでも「Libra・9sari UMBへの同時エントリーは可能なのか」という話は様々なところで話題にあがっていましたが、この条件によりはっきりしました。

“9sariとLibra両方エントリーは可能”
“しかし9Sari優勝者はLibraUMB(他のMCバトルも)に出場不可”


ここにきてLibraUMB潰しともとれるルールをぶっ込んできました。例えば、現時点で「高校生RAP選手権」で優勝し9SariUMBへの出場を決めている<MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻>が9sariUMBで優勝した場合、「UMB長野予選」で優勝しLibraUMBへの出場も決めているにも関わらず、そちらへは出場することができなくなるということになります。

果たして、他のMCバトル出場禁止のルールがどこまで効力あるかはわかりませんが、このルールについては、MCバトル全体として不利益の方が大きいのではないかと思ってしまします。だってその年は優勝者のバトルがずっと見られないということですもの。それは少しつまらないですよね。他のMCバトル主催者も少し困るのではないでしょうか。

一方で、①-3についてはMCにとってもリスナーにとってもいい決まり事なのではないかと思います。バトルに出場するラッパー達の大多数はバトルで名を上げ音源を売ることが目的でしょうし、リスナーもチャンピオンの音源が聴きたいでしょうからね。

また、①-4については、「鎖グループで良いラッパーを抱え込むのが目的か?」とも少し疑ってしまいますが、鎖グループのスタジオが使える等は若いMCにとってはメリットが大きいかもしれません。


【②B.G.S(BEAT GET SYSTEM)】
つぎに②についてですが、これは新しい試みですね。トラックメイカー達にも脚光があてられるし、MCたちにとっても利点も多いと思われます。

しかし、ひとつ残念なのが②-1についてです。ということはFINALではクラッシックといわれるような名曲のトラックは使われないということなのですね。個人的にはとても残念に思います。

なぜなら、リスナーからしてもバトルビートで有名なトラックが使われると非常に盛り上がりますし、MCにとっても、原曲のリリックをサンプリングしたバースを吐くことで、日頃のディグで培ったビート知識やヒップホップへの深いリスペクトを証明することができ、ひとつの武器になり得るポイントだと思うからです。

しかし、全てのビートが誰も聴いたことがないオリジナルビートばかりだとすると、ビートに対する知識や経験は関係なく、全MCにとって「純粋なフリースタイルのスキル」が問われることとなります。そのように考えるとこれはこれで、「MCバトルのNo.1を決める大会」としては健全なのかもしれません。

②-2については面白いですね。試合に勝つとそのビートがもらえる。もし先行にビート選択権があるとしたら、「欲しいビートを選べる」ということになりますから、もしかしたらじゃんけんで勝って「先行」を選ぶMCも増えるかもしれません。

優勝者はその時点で合計4ビートを手にすることができる計算なので、それだけでもEPくらいなら作れそうですね。果たして、どんなトラックメイカーによる、どんなビートが登場するのでしょうか。非常に楽しみです。

最後に、動画で罵倒2014覇者の<輪入道>が登場していますが、彼は9sari UMBに出場濃厚そうですね。もともと鎖グループとの相性も良さそうですし、鎖グループからしても“思い描いている優勝者像”に近いMCなのではないでしょうか。

なにはともあれ、どんどん大会の詳細が判明してきて楽しみになってきましたね。6月から予選も始まるし、引き続き要チェックです!

Libra UMB

niga

◆現時点での予選勝者
-----------------------------------------
OPENING GAME:松元
新潟予選:KRYZ
宮崎予選:MOL53
福岡予選:成
岡山予選:紅桜
長野予選:MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻 ←New
-----------------------------------------

【長野予選優勝MCニガリ・大会ベストバウト】


ついに9sariとLibraの両方に出場決定のMCがでてきました。上でも触れましたが<MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻>が長野予選を優勝しました。予選前から彼が大本命とは言われてはいましたが、これは熱い!

高校を卒業し、ラッパーとして挑戦することを選んだ彼が、あれから更にどれだけ成長し力をつけたかが楽しみでなりません。音源も作り、客演も積極的ですし、力をつけていることでしょう。

【こんばんは MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻】


また、今後おそらく他の予選にも高校生ラッパー高校生RAP選手権経験者が多くエントリーすることと思います。勢いのある若いラッパーがいかに大会を盛り上げるか、大人たちとどう戦うか、非常に楽しみですね。是非頑張ってもらいたいです。

最後に

さて、両大会とも今後も引き続き動向を追っていきたいと思います。また、6月にはその他のMCバトル大会も目白押しなので、MCバトル好きにはたまらない月になると思われます。そちらも合わせてチェックしていきたいと思います。

では、今回はこのへんで。

【UMB最新動向Part3】はこちら



関連記事

0 Comments

Leave a comment

ブログパーツ