HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

名勝負の継承文⑤(R指定 vs 呂布カルマ UMB2014)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、久しぶりに名勝負のリリック書き起こしをしたいと思います。

最近も9sariUMBの東京予選Aにおいて疑惑の判定騒ぎになったバトルがありましたが、昨年において最も物議を醸した試合である【R指定 vs 呂布カルマ@UMB2014】について改めて振り返ってみたいと思います。

毎度のことですが、明らかに言い間違いをしていると思ったところは、MCの意図を汲んで本来言いたかったであろう言葉に一部書き換えています。もしそれ以外で私の聴き間違いや解釈違い、誤記等がありましたら、コメント等でご指摘を頂けると幸いです。よろしくお願いします。

それではいってみましょう。

【R指定 vs 呂布カルマ@UMB2014】


R指定 vs 呂布カルマ

【R指定】
yo デカイ口叩いたな呂布カルマ
この試合はおもろくなるな
だって期待には応えてぇじゃん?
でも「DOTAMA」の後 噛み応えがねぇな
yo こんな奴じゃ 俺には絶対に勝てねぇな
名前にある“カルマ”
でも俺の背負ったカルマとはまた桁が違ぇな!


【呂布カルマ】
「DOTAMA」より噛み応えがねぇか?
デカイ口叩いてるのはお前ぇだ
俺に噛み付くには100年早ぇ
さっきも言った チャンピオン?
それがどうした!
2回も勝って 100万も取って
金で女を買ってんじゃねぇ!
まずはその見窄らしいナリをなんとかしろ
洋服でも買って来いこの野郎!


【R指定】
yo 二連覇やってアルバム出したぜ
今は風俗に全然行ってねぇ
マジタレができたんだよな俺
本物の愛ってやつを知った
愛されて知った 好きと言われ知った
人間っていいな ヒップホップっていいな
これが俺のやり方 フリーダム
100年早い? 逆転など無いぞお前!


【呂布カルマ】
今更知った“人間っていいな”?
俺は生まれた時から享受してるぜ
マジで日本に生まれて日本語
俺コレ使った武器最強!
R指定 お前「R指定」って名前負け
お前のラップで大人は上がらねぇ

ガキ向けのラップ ガキが増える
本物のMCが死ぬ


【R指定】
yo ガキが増えた状況
その大人のラップ
4枚アルバム出して変えれない
自分のスキルを恨みな 呂布カルマ
お前はこのステージ 没落者 yeah
お前も“カルマ”って名前負けしてんじゃね?
名古屋のくせにな
ブチかます 粋でいなせなフロー!
知らざあ言って聞かせやSHOW


【呂布カルマ】
「カルマ」って言葉の意味 “罪業”
俺は背負ってる 意味を知らねぇじゃん
俺は「呂布カルマ」名前負けしてねぇ
お前は「R指定」名前の意味がわかんねぇ
本物のMCが減った理由
とかく色々言われがちのMCバトル
その意味を コイツが勝つから
結局はつまんなくなってんだ

成敗するぞ!


【R指定】
俺が勝ってつまんなくなってる?
ここに集まった客の耳舐めんじゃねぇ!
じゃあ俺の二連覇はなんだ?
ここに集まったこいつらは何だ?
増えていくクラウド
増えていく観客
増えていくプレッシャーを全部越えてきたんだ
お前にはわかんねぇな
俺の勝ち方 これがわかるか?


【呂布カルマ】
客の耳なんか舐めちゃねぇ
お前は俺のケツの穴を舐めろ!
こいつらが今日
ここに何しに来たのか教えてやるよ
お前が負けるとこを見に来てんだ

自惚れんな 頭が高ぇ
俺には敬語を使って話せ!
R指定?バトル? つまんねぇ!
お前が持ち込んで来たんだその価値観


勝者:R指定


壮絶な斬り合いの試合です。ストレートで勝敗がついた試合とは思えないほどバチバチなバトルです。判定後、物議を醸したのも頷けますね。やはりこの試合に関しては陪審員に聞くまでもなく延長にして欲しかったなぁと個人的には思ってしまいます。

ちなみに、この大会の後、R指定からMCバトルの引退を仄めかす発言があったので、今後この二人の本気の試合はきっと二度と見られないでしょう。だからこそ、せめてあと一試合見てみたかったなぁと尚更思ってしまいます。

また、こうして文字だけを見てみると呂布カルマの方がクリティカルにダメージをあたえるディスを多く放っているような気がします。今回赤字にした部分は、一発でダウンを奪ってもおかしくないほどの有効打だと思えるラインです。

R指定も相手のディスに対し、的確にアンサーを返しながらライムも確実に踏むという高次元なラップをしているのですが、やはり内容の打撃力だけをとってみると呂布カルマに軍配が上がるような気がします。

しかしながら、ディスの内容だけで勝敗が決まらないのもMCバトルの面白い点のひとつです。実際に文字だけでなく映像で見てみると、ビートアプローチフローなど、文字面だけではわからない点でR指定がポイントを稼いでいるのが見て取れます。

最終的には(疑惑の判定ながらも)R指定が勝利したということをとってみても、MCバトルがライミング、対話力、フロー、ビートアプローチなど、総合的な力を問われる総合格闘技だということがわかりますね。ただ口喧嘩が強いやつが勝つわけではないのです。

しかし、総合力こそR指定に劣ったとしても、呂布カルマの攻撃力は他のMCの別次元にありますね。【戦極12章】でもパンチライン吐きまくりだったので、【戦極12章】のDVDが出たら、呂布カルマの名勝負をまた書き起こしてみたいと思います。

では、今回はこのへんで。

関連記事【The Cool Core by 呂布カルマ】

[追記]コメントで間違いを指摘していただき修正致しました。ありがとうございます。

関連記事

24 Comments

-  

UMB2014のR-指定 vs GIL(特に延長前)もよろしくお願いします。
まぁあれはRのフローが際立っていたので文字にしても凄さが伝わるかわかりませんが。
でもラスバの「お前にゃまだまだ鍛錬が足んねぇ、このまま俺が行って三連覇達成」とかは純粋にヤバいですよね

2015/07/12 (Sun) 19:11 | EDIT | REPLY |   

pto6  

Re:

コメントありがとうございます^ ^
その試合もいいですよね!私も書きたくなりましたので、次回書き起こしする際はそのバトルを書かせていただきます!

例で挙げて下さったバースなどパンチラインも多いですし、書きごたえありそうです!

時間がある時に書きますので、気長に待っていていただけると幸いです^ ^

2015/07/12 (Sun) 23:29 | EDIT | REPLY |   

-  

戦極の動画でも似たようなことやってますね!

あっちはそのバトルに出てるMCをゲストに呼んで
解説もしてるみたいです

2015/07/13 (Mon) 00:16 | EDIT | REPLY |   

pto6  

Re:

戦極最高会議の「MCバトルラップジーニアス」のコーナーですね^ ^ゴルビー編見ました。本人による解説は面白いですね!やはり戦極は面白い企画をしてくれるなーって思います。

このブログの解説はあくまでも私の解釈なのであちらの本物の解説とは比べ物にはなりませんが、これからも粛々と続けていけたらと思います^ ^

2015/07/13 (Mon) 07:58 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

いつも楽しみに読ませてもらっています。
呂布カルマの3バース目、「「カルマ」って言葉の意味 “深い業”」ですが、まず“罪業”で間違いないと思います。

2015/07/13 (Mon) 22:53 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

お礼

> いつも楽しみに読ませてもらっています。

いつもありがとうございます。読んでいただけてとても幸いです^^

> 呂布カルマの3バース目、「「カルマ」って言葉の意味 “深い業”」ですが、まず“罪業”で間違いないと思います。
ご指摘ありがとうございます。お恥ずかしい。私も呂布カルマに「言葉の意味を知らねぇじゃん」と言われてしまいますね。笑
ご指摘の通りだと思いますので、記事の方も修正させていただきました!本当にありがとうございます。

これからも些細な点でもお気づきの箇所があれば、ご指摘いただければ幸いです^^これからもよろしくお願いします。

2015/07/13 (Mon) 23:20 | EDIT | REPLY |   

無名  

本物のMCが死ぬ

2015/08/29 (Sat) 13:32 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 本物のMCが死ぬ

コメントありがとうございます。間違いのご指摘ということで良いでしょうか?

「本物のMCが知る」と書いたところは、映像を見る限りそのバースの時に呂布カルマが自身の事を示すような所作をしていることから、「ガキが増える→本物のMC(自分)が死ぬ」だと少しおかしいかなと思い「知る」とさせてもらいました。

が、「死ぬ」でも意味は通りそうですね。またコメント等あれば修正させていただくかもしれません。少し検討させてください。

2015/08/29 (Sat) 22:22 | EDIT | REPLY |   

韻踏み夫  

貴方が言うところの、呂布カルマの「内容の打撃力」は、つまりシーンを席巻したR指定の「価値観」への批判に集約されると思いますが、それに対してR指定は「形式の打撃力」で応戦していたというのが私見です。もちろん、R指定はしっかりと、ドラマチックに内容的にもアンサーを返していましたが、もっともクリティカルなライン「名古屋のくせにな ぶちかます粋でいなせなFLOW 知らざあ言って聞かせやshow」が赤文字になっていないことには疑問です。また、呂布カルマの最終バースの、第三行目よりは、「舐める」の一語を、スラングと日常語の相違から鮮やかにアンサーに変えた一、二行目の方がクリティカルだと思いますが、いかがでしょう。
突然の訪問で、だらだらと長文を失礼致しました。

2015/09/22 (Tue) 13:44 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 貴方が言うところの、呂布カルマの「内容の打撃力」は、つまりシーンを席巻したR指定の「価値観」への批判に集約されると思いますが、それに対してR指定は「形式の打撃力」で応戦していたというのが私見です。もちろん、R指定はしっかりと、ドラマチックに内容的にもアンサーを返していましたが、もっともクリティカルなライン「名古屋のくせにな ぶちかます粋でいなせなFLOW 知らざあ言って聞かせやshow」が赤文字になっていないことには疑問です。また、呂布カルマの最終バースの、第三行目よりは、「舐める」の一語を、スラングと日常語の相違から鮮やかにアンサーに変えた一、二行目の方がクリティカルだと思いますが、いかがでしょう。
> 突然の訪問で、だらだらと長文を失礼致しました。

韻踏み夫様
コメントありがとうございました。とてもバトル玄人な見方で参考になりました^^
ただご指摘いただいた通り、今回の赤文字に関しては『呂布カルマから発せられた“シーンを席巻したR指定の「価値観」への批判”』に着目をして赤字にさせてもらいました。その為「名古屋のくせにな~」のバースはR指定によるバースの為赤字にしていませんし、「舐める~」に関しても“シーンを席巻したR指定の「価値観」への批判”に属しないため赤字としておりません。

誤解を与えてしまったなら申し訳ございませんが、このように「赤字にしたバース=このバトルにおいて凄いバース」としているわけではないことをご理解いただけると幸いです。(ちなみに同じシリーズの他の記事では書き起こしに苦労した箇所を赤字にしていたりもします。笑)また、もし私の書き方が、「このバトルはココに注目すべき!」というような偉ぶったものに感じさせてしまい不快な思いをさせてしまったなら申し訳ございません。ここではあくまでの個人的な注目ポイントを書かせていただいています。Twitter等を見ていても私なんかよりも面白い着眼点でバトルを考察している方も多くいますし、それぞれ見る人によって着目する箇所も違えば、響くラインも違うことは理解しているつもりです。その為、一バトル好きとしての個人的見解をここでは書かせていただいているので、そのように理解してくだされば幸いです。

この度は勉強になるコメントありがとうございました^^今後は誤解のない書き方に努めたいと思います!

2015/09/22 (Tue) 14:41 | EDIT | REPLY |   

韻踏み夫  

ただ疑問であったので、それが晴れてよかったです。丁寧な返答ありがとうございます。
これからもブログの更新楽しみにしています。

2015/09/22 (Tue) 15:59 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> ただ疑問であったので、それが晴れてよかったです。丁寧な返答ありがとうございます。
> これからもブログの更新楽しみにしています。

韻踏み夫さま
ご理解いただけて幸いです^^
ところで、Twitterやられてるんですね!さっそくフォローさせていただきました。とても勉強になりそうなつぶやきをされているようなので、私もこれから韻踏み夫さんのツイートを楽しみにしたいと思います!これからもよろしくおねがいします^^

2015/09/22 (Tue) 16:19 | EDIT | REPLY |   

代論太郎  

呂布カルマが敗者インタビューの時に、
疑惑の判定を突っ込まれたときに
後攻だったんでもっと大差で勝たなきゃダメです
まだまだです
というようなことを謙虚に言っていたのを見て
自分に厳しい人だと思い、私は好きになりました!

書き起こし楽しみにしています!

2015/10/09 (Fri) 13:24 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 呂布カルマが敗者インタビューの時に、
> 疑惑の判定を突っ込まれたときに
> 後攻だったんでもっと大差で勝たなきゃダメです
> まだまだです
> というようなことを謙虚に言っていたのを見て
> 自分に厳しい人だと思い、私は好きになりました!
> 書き起こし楽しみにしています!

代論太郎さま

コメントありがとうございます!確かにそんな風にインタビューで言ってましたね^^
私も最初にDVDでそのインタビューを観た時、とても好感をもった記憶があります。物議を醸した試合でしたが、負けた本人が納得しているなら、勝敗について他の人がどうこう言うのは違うかもしれませんね。本当に格好いいMCだと思います^^

書き起こし、次はUMB東京・大阪予選や、戦極12章のDVDが出るので、書きたいバトルがあったら書きたいと思います!書くときはある程度まとまった時間と、気合がいるので気長に待っていただけると幸いです。笑

ありがとうございました^^

2015/10/09 (Fri) 23:20 | EDIT | REPLY |   

-  

「明らかに言い間違いをしていると思ったところは、MCの意図を汲んで本来言いたかったであろう言葉に書き換える」のであれば、「これが俺のやり方 フリーダム 百年早い? 逆転など無いぞお前!」と書くべきだと思います。まず間違いなくカルマの言った「100年早ぇ」に対して踏み返そうとしたものだと思われますので

あと、カルマは確かに罪業とも言いますが、カルマはどう聞いても「深い業」と喋ってますね…これを「罪業と言いたかったが、噛んだ」と解釈するかどうかはお任せします。

2015/12/06 (Sun) 13:18 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 「明らかに言い間違いをしていると思ったところは、MCの意図を汲んで本来言いたかったであろう言葉に書き換える」のであれば、「これが俺のやり方 フリーダム 百年早い? 逆転など無いぞお前!」と書くべきだと思います。まず間違いなくカルマの言った「100年早ぇ」に対して踏み返そうとしたものだと思われますので

たしかに「百年早い?」の方が意味合い的にも面白いし、R指定らしいですね!そのように書き換えさせていただきます^^

> あと、カルマは確かに罪業とも言いますが、カルマはどう聞いても「深い業」と喋ってますね…これを「罪業と言いたかったが、噛んだ」と解釈するかどうかはお任せします。

ここは他の方にご指摘いただいて「深い業」から「罪業」に書き換えた箇所ですが、もとものカルマの意味的にも「罪業」の方が正しいので、そっちの方にさせてください^^

いろいろご指摘ありがとうございました。
どのご指摘も、文脈から読み解いた信ぴょう性のある推測が書かれていたのでとても納得感がありました^^
また、近いうちに他のバトルも書き起こす予定ですので、その際もお気づきの点あればよろしくお願いいたします!

2015/12/06 (Sun) 15:33 | EDIT | REPLY |   

a  

どう考えても本物のMCが死ぬでしょ

理解力低いと分からないかな?

物議を醸してなんかいないし普通の良いバトルだったけどな。
見る限り主さんはカルマ信者なんだろうな、おつむの弱い人達しか集まらないMCバトルで考察とかいらないよね。

2015/12/30 (Wed) 14:03 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

そうですね^^;よくよく考えたら「死ぬ」の方が正しいように思えてきました。
そのように修正させていただきます!ご指摘ありがとうございました^^

2016/01/03 (Sun) 22:46 | EDIT | REPLY |   

-  

上のレスで解決してる事をまた引きづりだして煽るって…
"おつむが弱い"とかも書く必要ないよね?
むしろブーメランだし。

好みはそれぞれだと思うけど偏見でどうこう言うのは良く無いと思うよ

2016/01/09 (Sat) 12:22 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 上のレスで解決してる事をまた引きづりだして煽るって…
> "おつむが弱い"とかも書く必要ないよね?むしろブーメランだし。
> 好みはそれぞれだと思うけど偏見でどうこう言うのは良く無いと思うよ

フォローしていただきありがとうございます。
なんかお気をつかわせてしまい恐縮です^^;

2016/01/11 (Mon) 00:54 | EDIT | REPLY |   

時代感  

これは漢vs般若ばりの歴史的battleなんす

現場にいましたが、この試合では俺は呂布カルマに声をあげました。
実際あとから見てもPto6さんと同意見です。しかしもう1年半も前ですが、現場はR指定の三連覇への期待はやはり高かったです。

MCバトルの全国大会で3連覇をするというのは、以前にはKREVAだけでしたよね。
その後KREVAはキックでのセールスもあり、J-hiphopの一部をアングラからメジャーに押し上げた進行形の日本のラップスターです。
R指定もkrevaに成り代わると言っているように、3連覇の本当の意味は日本のHIPHOP界全体の激震なんす。
そしてそのことを大マジで考えていたのがミスジャッジをしたシンペイタ。
リアルなバトルと、日本のHIPHOPをもっと面白く多くの人に認められるものにしたいというシンペイタの願い、その間で揺らいで揺らいだあげくのミスジャッジ。

そして日本のHIPHOP界は変わってきました。
こんなに面白いのに何で金が集まらないんだろうってジャンルから抜け出しつつある。バトルのTV番組まである。
一昔前までyoutubeで客が撮った再生回数が数百回くらいのバトルを何度も見てましたけど、今じゃ良いバトルは数十万回の再生回数です。
嬉しいことですが、呂布カルマの言うように「本物のMCが死ぬ」し「ガキが増える」状況にはなりつつありますね。

長々と失礼しましたが、このバトルはミスジャッジも含め今の日本のHIPHOPをつくったバトルと言っても過言でもないということを言いたかったす。

2016/05/09 (Mon) 22:58 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: これは漢vs般若ばりの歴史的battleなんす

> 現場にいましたが、この試合では俺は呂布カルマに声をあげました。
> 実際あとから見てもPto6さんと同意見です。しかしもう1年半も前ですが、現場はR指定の三連覇への期待はやはり高かったです。
>
> MCバトルの全国大会で3連覇をするというのは、以前にはKREVAだけでしたよね。
> その後KREVAはキックでのセールスもあり、J-hiphopの一部をアングラからメジャーに押し上げた進行形の日本のラップスターです。
> R指定もkrevaに成り代わると言っているように、3連覇の本当の意味は日本のHIPHOP界全体の激震なんす。
> そしてそのことを大マジで考えていたのがミスジャッジをしたシンペイタ。
> リアルなバトルと、日本のHIPHOPをもっと面白く多くの人に認められるものにしたいというシンペイタの願い、その間で揺らいで揺らいだあげくのミスジャッジ。
>
> そして日本のHIPHOP界は変わってきました。
> こんなに面白いのに何で金が集まらないんだろうってジャンルから抜け出しつつある。バトルのTV番組まである。
> 一昔前までyoutubeで客が撮った再生回数が数百回くらいのバトルを何度も見てましたけど、今じゃ良いバトルは数十万回の再生回数です。
> 嬉しいことですが、呂布カルマの言うように「本物のMCが死ぬ」し「ガキが増える」状況にはなりつつありますね。
>
> 長々と失礼しましたが、このバトルはミスジャッジも含め今の日本のHIPHOPをつくったバトルと言っても過言でもないということを言いたかったす。


時代感さん
熱の込められたコメントありがとうございます。読みながら何度も頷いてしまいました^^

私は現場にいなかったので、ミスジャッジとは断定的には言えませんでしたが、現場で体験された時代感さんがそう感じたとしたら、やはりそうなのかもしれませんね。勝負的にはRが勝ちで問題ないとは思いますが、現場の人も、DVDを見た人も、もっと納得できるような形で決着がついて欲しかったなと思います。そのための“観客判定”なのですから。

たしかにこの試合がRの三連覇の分岐点になっていました。そしてRの三連覇がMCバトルシーンに大きなきっかけをつくったことは仰るとおりです。これがシーンにとって、結果良い結果を招くのか、そうでないのかは現時点ではわかりませんが、少なくてもこれまでにない様々なことがシーンに今起きているのは事実ですね。私もファンのひとりとして、今のブームがどうなるのか、その結果シーンがどうなるのかを見つめて行きたいなと改めて思いました。

シーンのこれまでの歴史や背景、そしてあの時現場で感じた空気を踏まえた的確なコメントを、本ブログにしていただき本当にありがとうございました。大変読み応えがあり、読んでいて大変うれしい気持ちになりました。

これからもHIPHOPシーンについて書いていきたいと思いますので、また機会があればブログを読んでいただけると幸いです。

コメントありがとうございました^^

2016/05/12 (Thu) 23:33 | EDIT | REPLY |   

鱒  

> 今後この二人の本気の試合はきっと二度と見られないでしょう

FSDはこの試合に負けず劣らずの名勝負でしたね。実現してくれたことに感謝です。

2017/04/20 (Thu) 07:59 | EDIT | REPLY |   

Pto6(ぴーとろっく)  

Re: タイトルなし

> > 今後この二人の本気の試合はきっと二度と見られないでしょう
> FSDはこの試合に負けず劣らずの名勝負でしたね。実現してくれたことに感謝です。

コメントありがとうございます。
まさに、私もフリースタイルダンジョンをみていて同じことを考えていました。この記事を書いていたころは、こんなブームが来ることも、あんな番組が始まることも、まったく想像しておりませんでした。このふたりの再戦がみられたことに感謝です^^

2017/04/22 (Sat) 22:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ブログパーツ