HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

旬な話題は損なわない⑦(9sari・Libra UMB2015最新動向 Part5)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、お盆開けまで予選大会が休みに入る9sari・Libra双方のUMB2015最新動向を整理したいと思います。先ほど結果が出たばかりの予選大会も含めて、前回記事からの続きを書いていきます。

そのため、毎度のことですが前回記事以前を未読の方はそちらから読むことを推奨します。

初回記事【UMB最新動向Part1】はこちら
前回記事【UMB最新動向Part4】はこちら

それでは、先ほど北関東予選が終わったばかりの9sariUMBからチェックしていきましょう。

9sari UMB

◆北陸予選
7/26にあった北陸予選。まずはエントリー16名を見てみましょう。

【北陸予選エントリー者】
----------------------------
No.1 Jony the sonata
No.2 PEW
No.3 CHU-SON
No.4 mocci
No.5 O'zack
No.6 MAS
No.7 ZER0
No.8 Roots
No.9 TALOW
No.10 Naifa the cyper
No.11 KELL
No.12 TKGlion
No.13 OBAMA
No.14 milkyheadone
No.15 U-t.o
No.16 KY-7
----------------------------

そして、その中で優勝しFINAL出場権を勝ち取ったMCは...

【北陸予選 優勝者 Jony the sonata】
jony

<JONY THE SONATA>は安定したリズム感とフローバリエーションの多彩さ、そして柔軟な即興性が武器のMCだと思います。北陸予選でも安定した戦いぶりで勝ちあがり、決勝戦では<MAS>と延長戦までもつれた熱戦を繰り広げ、北陸代表の座を勝ち取ったようです。

FINALでもそのクールな戦いぶりが楽しみですね。大注目です。

【北陸予選 決勝戦(フルバトル)】


◆東海予選
8/2に行われた東海予選。こちらのエントリー者はこちらです。

【東海予選エントリー者】
----------------------------
No.1 DUSTY-I
No.2 MC M
No.3 X
No.4 JOE$
No.5 icepikk
No.6 BRAVOO
No.7 魁 -SAKIGAKE-
No.8 HARDVERK
No.9 LENA-K
No.10 NAGION
No.11 sting
No.12 ALCI
No.13 ばんり
No.14 MC Reversice
No.15 裂固
No.16 BASE
----------------------------

そして、その中で優勝しFINAL出場権を勝ち取ったMCは...

【東海予選 優勝者 NAGION】
najion

大会を見届けていたDARTHREIDERから「ライムコンピューターとも表現出来るような細かく的確なライミングをクリーンヒットさせていく超テクニカルなMC」と称されていた<NAGION>も注目したいMCのひとりです。彼のバトルはクールなライム巧者という印象をもっていたのですが、ここにきて更に進化している模様です。

FAINALではどんな戦いを見せてくれるのでしょうか。楽しみでなりません。

【東海予選 決勝戦(フルバトル)】


◆北関東予選
本日8/9のつい先程終わったばかりの北関東予選。その激アツなエントリー16名はこちらです。

【北関東予選エントリー者】
----------------------------
No.1 NAIKA MC
No.2 焚巻
No.3 TKda黒ぶち
No.4 GOCCI
No.5 崇勲
No.6 SAKA the GAMI
No.7 小池潔宗
No.8 Y-HORNET
No.9 PULP-D
No.10 アンジキジョイ
No.11 BUSS
No.12 MCいとかい
No.13 gAwn
No.14 ILL-C
No.15 我次郎MIC
No.16 CUTE
----------------------------

Twitter上でエントリーMCが発表された際には、かなりの盛り上がりを見せていました。それほどまでに熱い、猛者の集まった予選となりました。UMB2007王者の<GOCCI><NAIKA MC>と<BUSS>の兄弟参戦をはじめ、<TKda黒ぶち>、<崇勲>、<SAKA the GAMI>等のUMB本戦常連の実力者や、高校生RAP選手権で異彩を放った<Y-HORNET>もいます。まさに見どころ満載の予選になりました。

そして、そんな猛者ひしめき合う中、勝利を勝ち取りFINAL出場を決めたMCは..

【北関東予選 優勝者 崇勲】.
崇勲

LibraUMB埼玉予選で<TENGG>に敗れ惜しくも準優勝だった<崇勲>ですが、9sariUMBでは北関東代表の称号を見事手に入れました。埼玉予選の際にもキレッキレのバトルを見せていたので、彼が優勝したのも納得です。しかし、このメンツの中で勝つのは凄いですね。FAINALにも自信を持って出場できると思います。

そしてこれにより、その崇勲を破ってLibraUMB埼玉代表を勝ち取った<TENGG>の株も更に上がることになるでしょう。埼玉をはじめ、やはり北関東には強者MCが蠢いていることも改めて証明されました。そのようなシーンを作り上げた一人でもある崇勲の勝利は、彼を尊敬する若いMCたちにとっても喜ばしい結果ではないでしょうか。

勢いそのままに、FINALでも大暴れして欲しいと思います。

【北関東予選 決勝戦(フルバトル)】


【現時点の本戦出場決定者】
-----------------------------------
・高校生RAP選手権枠 : MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻
・ENTA DA STAGE枠 : NONKY
・戦極MCBATTLE枠 : 呂布カルマ
・SCHOOL OF RAP枠 : LICK-G
・THE罵倒MCBATTLE枠 : 押忍マン
・UMB東京予選A枠:サイプレス上野
・UMB大阪予選A枠:HI-KING aka TAKASE
・UMB東北予選枠:JAG-ME
・UMB北陸予選枠:Jony the sonata ←New
・UMB東海予選枠:NAGION ←New
・UMB北関東予選枠:崇勲 ←New
-----------------------------------

Libra UMB

さて、LibraUMBは前回記事以降4つの予選がありました。こちらはまずは、現在FAINAL出場を決めている各予選における優勝者(FINAL出場決定者)から整理してみましょう。

◆現時点までの予選優勝者
-----------------------------------------
・OPENING GAME:松元
・新潟予選:KRYZ
・宮崎予選:MOL53
・福岡予選:
・岡山予選:紅桜
・長野予選:MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻
・埼玉予選:TENGG
・栃木代表:マチネ
・茨城代表:GOTIT
・和歌山代表:RUGSHOT ←New
・北海道代表:ROZETTA ←New
・山口代表:KARASS ←New
・広島代表:HI-JET ←New

-----------------------------------------

【和歌山代表RUGSHOT・大会ベストバウト】


【北海道代表ROZETTA・大会ベストバウト】


こちらは直近4予選全部がFINAL初出場となる比較的若いMCばかりになりました。全国的にはあまり名が知られていないMC達ですが、どのMCも地元では熱い支持を集めているようなので、実力者であることは間違いないでしょう。私としても不勉強で、あまり情報を持ちえていないMC達ばかりの為、今後PodcastやUMBTube等を利用して、代表になったMC達をチェックしていきたいと思います。

しかし、この4つの予選の結果やエントリーMCの顔ぶれを見ていると、今のUMB2015の状況をよく表しているように感じます。つまりは、『若手MC→Libra UMB』『ベテランMC→鎖UMB』の構図です。大会が分裂した経緯を踏まえて考えれば予想できていた事態ではありますが、ここにきてその傾向が顕著になってきたように感じます。

9sari運営サイドの<DARTHREIDER>は、ブログで「UMBにおける過去の事実を知ってなお、Libraを選ぶ者がいることに驚く」という趣旨の半ば煽るような発言を繰り返して行っています。また、<MC漢 a.k.a.GAMI>の著書【ヒップホップドリーム】も第4刷が決まるほど売れ行き好調のようなので、それも9sariUMBにとっては大きな追い風となっていると思われます。MC漢の支持者が増えれば増えるほど、9sariUMBの支持者が増えることとイコールなのですから。

それに加え、予選大会の盛り上がりを見てみても、全国区で名が知られたMCが多く出場する9sariUMBが現時点では多少分があるように思えるので、そのこともMC達の選択に大きな影響を与えているような気もします。

まぁもっと正直に言うと、UMBが2つあることでMC達が両断されている感がやはり否めないので、もしこれがどちらか一つに統合されていたなら、UMB自体もっともっと盛り上がっているのではと思ってしまうのが本音なのですが。

いい風に考えればLibraUMBは、まだ全国的に陽の目を浴びていないニューヒーローが現れるということも期待できるのですが、正直ベテラン勢がごっそり9sari側に行ってしまった後の、若手中心となるこのままのFAINALで優勝したとしても、“全国王者だ”と胸を張って宣言するのは少し説得力に欠いてしまうように思います。それなら高校生RAP選手権等の若手大会とあまり変わらないことになりますから。

そうならない為に、LibraUMBには今後誰もが認める全国区のMCの参戦がもっと欲しいところだと思います。ただ、別に有名なMCがFINALへの出場を決めるべきだと言っているのではないのです。その全国区のMCすらも打ち破るニューカマーが現れるなら、それはそれでもいいと思います。それこそ埼玉予選の<TENGG>のように。予選大会にすらベテラン勢が出ていない、彼らを取り込めていない今の状況が大会として問題なのではと思うのです。

そして、現時点でFINAL出場を決めた本戦初参戦組の若手MCたちは、今回出場しなかったベテランMC達にも負けていない、もし出場していたとしても負けていなかったと誰が見ても明らかなまでにスキルを高め、FAINALでは誰もが認める高次元な試合を見せつけ、新たな時代の到来を高らかに宣言して欲しいと思っています。

若手がこぞって参戦しているということは、今後のシーンを担うMCたちから支持をされているということなので、何もLibra側は悲観するべきことばかりではないと思います。そして実際に予選大会の現場に足を運んだ方々のツイートを見ていると、どれも予選大会のレベルの高さに満足しているようなコメントばかりなので、大会自体のレベルは下がっていないのではないかと思っています。しかし、だからこそ、これまでシーンを作ってきたベテラン勢に引導を渡すような、何かしらの証明が必要なのではないかと私は思います。

若手MCたちには、ベテラン勢をも見返すつもりで、本戦で目にもの見せて大会を盛り上げて欲しいと期待しています。

そして、Libra側は日本最高のチャンピオンを決める大会としてあり続けたいのであれば、ここが踏ん張りどころだと思います。

【山口代表KARASS・大会ベストバウト】


【広島代表HI-JET・大会ベストバウト】


最後に

さて、9sari、Libra双方に徐々に傾向が強くなり始めたUMB2015。私としては正直一つになってほしいと思っているのですが、事情が事情の為、少なくとも今年はそうもならないと思いますので、そうであるなら両者とも盛り上がって欲しいと思います。

どちらの大会に出場しているMC達も、きっと夢や人生をかけて挑んでいるのですから。出場するMC達が馬鹿を見る、そんな運営側の事情にだけは巻き込ませないようにしてもらいたいと心から願っています。

今回は個人的意見を書きました。もし気分を害した方がいらっしゃったら申し訳ございません。

では、今回はこのへんで。

【UMB最新動向Part6】はこちら



関連記事

0 Comments

Leave a comment

ブログパーツ