HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

動画を投下⑮(逃走中 by 崇勲)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、やはりこの人について書かなければならないでしょう。先日の9sari主催のUMB2015ファイナルにおいて優勝し、今年のキングオブMCになった<崇勲>についてです。9sariUMBは来年以降大会名を変更することが発表されたので、後にも先にも“鎖UMB王者”は崇勲だけの称号になりました。

そんな“キング”崇勲は、11/4に1stアルバムを発売します。日本一の称号をとって自身初の音源を出せるなんて格好いいですよね。というよりも、デビューアルバムの発売を控えた、ラッパーとして一番名前を売らなければならない“勝負時”に、しっかりと優勝を勝ち取ることのできたということが、崇勲が実力と幸運を“持っている”何よりの証明ではないでしょうか。

さて、そんなUMB王者の音源が売れないのではシーンは盛り上がりませんし、あまりに夢がありません。もともと鎖UMBが立ち上がったのも、バトルだけでなく音源でも活躍できる真のチャンピオンを作りたかったという想いがあったからです。そのため今回は、崇勲の音源を微力ながらにご紹介させてもらい、その魅力に迫りたいと思います。

アルバム収録曲の中から先日アップされた楽曲【逃走中】です。それではいってみましょう。

【逃走中 by 崇勲】


“だがマイライフ その手綱離すな”

このたびキャリア10年を優に超えて“ファーストアルバム”を出すことになった崇勲ですが、どれだけファンは彼のアルバムを心待ちにしていたことでしょう。北関東の盟友<NAIKA MC>“日本語ラップ界最後の秘境”とまで称されていた崇勲がついにアルバムを出すことになったのです。

まず、本人による人柄溢れるアルバム紹介文が素晴らしいです。

“俺は埼玉春日部在住の崇勲という名前で活動しています。
アルバムタイトルは春日部鮫。
多分これを聴いてもらったら俺の中の熱い部分、冷めた視点、根暗な人間性、
周りの事は気にしない性格、地元春日部に拘る理由、笑って生き続けてこれた理由等、
俺という人間の魅力と欠点がわかると思います。
ラップを始めてから今日までの想いは殆ど詰め込みました。通過点の集大成。
興味ある方は是非聴いてみてください。逆に全く興味無い方も是非聴いてみてください。”


先日の鎖UMBファイナルにおいても、対戦相手への的確で感動的なアンサーを繰り出し“崇勲は一つ一つの言葉を大切に扱っていることがわかる”という声が多く上がっていました。この紹介文からも誠実に言葉を使う彼の人柄がわかると思います。ちなみに崇勲のやっているブログも、周りの人への感謝の心と、ファンを楽しませるエンターテイナー精神を忘れない、暖かい彼の人柄が味わえる内容になっています。もし興味のある方は是非チェックしてみてください。

さて、楽曲【逃走中】ですが、本人曰く「アルバムの中でも1番わかりやすく小さなお子さんから大きな人まで聴ける内容」とのことです。キャッチーなフックは一度聴くとなかなか忘れることはできないほどのインパクトですね。同郷春日部のトラックメイカー<J-TARO>による迫力のあるループトラックを乗りこなし、崇勲らしい言葉のチョイスとユーモアで、自身の“等身大のリアル”を伝えています。

特に2バース目の「見逃せJASRAC~」からの畳み掛けるようなライムが大好きです。差し迫る債務の脅威が臨場感と共に表現されていると思います。崇勲は見た目や声のインパクトが大きいためについ忘れがちにされますが、とても技巧派なラッパーです。先日の鎖UMBでも証明したとおり、どんなビートも乗りこなせる“フローバリエーション”と、高い“ライミングスキル”、それに前述したような“真摯な言葉使い”が私が思う崇勲の魅力です。

アルバムはUMBファイナル前に完成していたようですので、鎖UMBファイナルにおける【BEAT GET SYSTEM】(鎖UMBファイナルではオリジナルビートの上でバトルし、勝者はそのビートを獲得できる)によってゲットした4つのトラックでの楽曲は、まだアルバム未収録となります。いつになるかはわかりませんが、そちらのトラックを使った王者ならではの音源の発表も楽しみですね。

ちなみにPVもドラマ仕立てで面白いです。埼玉の仲間達の協力の元つくられたPVは、UMB北関東予選直前の朝まで撮影が続いていたようです。緊張しいの崇勲にとって苦手な決勝戦(そのため崇勲は準優勝が実に多い)、自身のPVの為に協力してくれたそんな仲間たちに対する感謝の念により緊張に打ち勝ち、北関東予選を優勝することができたとブログで語っています。仲間からの愛と、仲間への愛を感じることができるエピソードですよね。

さて、<TKda黒ぶち>が立ち上げた新レーベルの第一弾アーティストとして発売される崇勲のアルバムですが客演も豪華です。レーベルオーナー<TKda黒ぶち>はもちろん、LibraUMB2015で埼玉王者となった<天狗>、盟友<NAIKA MC>等、崇勲をリスペクトするMC達が多く参加しています。アルバムに収録される他の楽曲もとても楽しみですね。

崇勲アルバム

さて、今回は崇勲の音源についてご紹介しました。【AsOne2014】優勝【鎖UMB2015】優勝と、MCバトルシーンにおいて絶好調の彼ですが、バトル以上に注目していただきたいのはやはり彼の音源です。それぞれの大会の優勝が彼を知るキッカケに、彼の音源を手に取るキッカケになることを心から願っています。そして、きっとそれこそがシーンが更に盛り上がるキッカケにもなると私は思っています。

では、今回はこのへんで。

関連記事【KING OF KINGS】はこちら



関連記事

0 Comments

Leave a comment

ブログパーツ