HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

珍しく海外クラシック①(Illmatic by NAS)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今日はゆったりとHIPHOPに浸りたい気分だったので、海外のヒップホップ・クラシック作品を久しぶりに聴き漁っていました。私はまだまだ海外のHIPHOPには疎いのですが、勉強も兼ねて記事にしてみます。

今回は歴史的HIPHOPの超名盤<NAS>の【Illmatic】です。

【Illmatic】
nas

<収録曲>
---------------
1. The Genesis
2. N.Y. State Of Mind
3. Life's A Bitch
4. The World Is Yours
5. Halftime
6. Memory Lane (Sittin' In Da Park)
7. One Love
8. One Time 4 Your Mind
9. Represent
10. It Ain't Hard To Tell
---------------

HIPHOP好きなら誰もが知るクラシック作品。今でも多くの人がベストHIPHOPアルバムとして【Illmatic】を挙げています。一聴してみると少し地味なアルバムなのですが、90年代初期アメリカ東海岸の名高いプロデューサー陣による傑作揃いのトラックは、聴けば聴くほど味と奥行きがでてくる最高のスルメアルバムとなっています。

<Illmaticの豪華プロデューサー陣>
・Pete Rock(ピート・ロック)
・DJ Premier(DJ・プレミア)
・L.E.S.(L・E・S)
・Q-Tip(Q・ティップ)・
・Large Professor(ラージ・プロフェッサー)

まさに東海岸のオールスター。特に日本で人気の高い<Pete Rock(ピート・ロック)><DJ Premier(DJ・プレミア)>の曲は私も大好きです。この当時のトラックはサンプリングとアナログレコード特有の暖かみがしっかりとパッケージ化されている印象があります。とても聴いていて心地いい。

またUMBや戦極、罵倒といったMCバトルでも、2曲目「N.Y. State Of Mind (produced by DJ Premier)」や4曲目「The World Is Yours (produced by Pete Rock)」、5曲目「Halftime (produced by Large Professor)」などはよくバトルトラックとして使用されているのを耳にします。そしてトラックがかかるたびに観客たちから大歓声が挙がる程の人気を今でも博しています。

【N.Y. State Of Mind】


トラックだけでなく、もちろんNASのラップテクニックも超一級品です。私は英語歌詞はあまりわからないのですが、NASは「史上最高のリリシスト」と呼ばれていまして、そのリリックの内容やストーリーテリング力も高い評価を受けています。またライムスキルも高くて、特に9曲目「Represent」は韻踏みまくりですよ!

このアルバムは全10曲と曲数は少ないですが、それだからこそアルバムとしてとてもまとまっており、何度もリピートしてしまいます。ヘッドホンで聴くとブレイクビーツの心地よさに思わず身体を揺らしてしまいます。

そして本作は、米ヒップホップ専門雑誌「The Source」にて「5本マイク(最高評価)」を得た作品だそうです。ちなみにHIPHOP史上最も豊作と言われた1990年代の10年間でもわずか24枚しか「5本マイク」を獲得していないのだから、その凄さはわかりますね。まさにHIPHOP界の金字塔的作品といえます。

ヘッドホンでHIPHOPクラシックに酔いしれる休日の昼下がり。こんな贅沢な時間を過ごしたのは久しぶりです。

皆さんも素敵なHIPHOPライフを送ってください。

では、今回はこのへんで。



関連記事

2 Comments

-  

 ありきたりの感想はくそ
サーチの話題とかさ背景は?

2017/06/21 (Wed) 01:27 | EDIT | REPLY |   

Pto6(ぴーとろっく)  

Re: タイトルなし

>  ありきたりの感想はくそ
> サーチの話題とかさ背景は?

コメントありがとうございます。
このブログはもともと作品の感想を書きたいと思い始めたものなので、背景等の記述が薄い点はご了承願いたいのですが、確かに読み返してみると感想としても薄い内容になっていますね^^;ブログ始めたてに書いた記事とはいえど、我ながらペラペラの内容書いていたんだなぁと思ってしまいました。笑

個人ブログとしてのこれまでの軌跡なので、書き換えるということはしないつもりですが、代わりのこれから書く記事においてはできるだけ自分で読み返したときに、そのような感想を抱かないようなものを書けるように精進していきたいと思います。このたびは過去の記事を読み返すキッカケをあたえてくださり、ありがとうございました^^

2017/06/25 (Sun) 11:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ブログパーツ