HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

旬な話題は損なわない⑪(9sari・Libra UMB2015最新動向 Part9)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、ついに全てのエントリーMCが出揃ったLibraUMBと、先日TV放送を終え、DVDの発売も迫っている9sariUMB(KING OF KINGS)についての最新情報を整理したいと思います。

前回までの記事を未読の方は下記のリンクをご利用下さい。
初回記事【UMB最新動向Part1】はこちら
前回記事【UMB最新動向Part8】はこちら

では、ファイナル直前のLibraUMBから整理していきましょう。

Libra UMB

◆東京予選
どたま2015

LIQUIDROOMで行われた今年の東京予選。豪華な面子による熱い戦いが繰り広げられました。優勝したのはまたしてもDOTAMA。やはり強かったですね。去年は地元の栃木代表としてUMBファイナルには出場しましたが、今年はUMB2011、2013と同様に東京代表として本戦出場を決めました。やはりDOTAMAは東京代表の方がしっくりくるように思います。

決勝戦は、東京予選の決勝戦として、これで実に3度目にもなる名物カード【DOTAMA vs GOLBY】でした。体調不良だったGOLBYは喉を枯らしながらも決勝までなんとか勝ち上がりましたが、変幻自在のパンチを繰り出すDOTAMAの前に最後は力尽きてしまいました。DOTAMAはこれで3年連続、4回目のファイナル出場です。これまでR-指定に2度も苦渋を舐めさせられて来ましたが、今年こそは優勝を勝ち取りたいところでしょう。しかしながらR-指定がいない今、DOTAMAは優勝候補筆頭に挙げられており、もはやUMB本戦では追われる立場です。どんな戦いを見せてくれるのか、そして遂に悲願の優勝を勝ち取ることができるのか。ファイナルが本当に楽しみですね。

また本予選では若手の台頭も目覚ましく、その中でもbunTesはベスト4まで勝ち上がり、大いに予選を盛り上げたMCの一人でした。戦極12章での活躍も記憶に新しいですが、彼の唯一無二のフローは本当に聴いていて楽しいですよね。彼のようにネットラップ出身で個性的な魅力をもったMCが最近増えてきているので、シーンもとても面白くなってきていると思います。

naika2015

また、東京予選においてMC正社員に敗れたNAIKA MCですが、地元群馬予選では見事優勝し、今年も本戦への出場を決めました。彼もこれで5年連続の本戦出場となりました。もはや本戦には欠かせないMCの一人ですよね。こちらもUMB2011で準優勝をして以降、本戦では思ったような結果が残せていないので、今年こそ大きなインパクトと共に、優勝を飾りたいと思っていることでしょう。NAIKAもベテランとして追われる立場ですが、勢いに乗る若手勢を持ち前の試合巧者ぶりで圧倒するところを期待したいと思います。

◆最後の一人リベンジ枠
リベンジ2015

昨日(12/19)のリベンジでの勝者をもって、ついにファイナル出場の全MCが揃いました。UMB運営陣(晋平太)の推薦で選出されたリベンジ参加者は錚錚たるMC揃いでした。もしかしたらファイナル以上に熾烈な戦いだったかもしれません。今回は去年と違い、リベンジ予選を1つに戻したことで、より出場MCたちが厳選され、予選のレベルも高まったように思います(2014年はEAST・WESTの2箇所開催)。まずは、その豪華なリベンジ参加MCを見てみましょう。

【リベンジ参加MC】
言xTHEANSWER/Rude-α/BATTLE手裏剣/Mr.Q/SLUGGER/BUCHI DA MIC/bunTes/1horse/ENEMY/Mr.Smile/CHICO CARLITO/MAKI DA SHIT/ACE/SHOHEI/ゆうま/たまちゃん/MC 正社員/大超/田中光/Kate/アンジキジョイ/DOBERMAN/BALA(SHIBAKEN)/MC frog/D.D.S/掌幻/DEJI/タカナギ/MULBE

豪華ですね。各予選で優勝有力候補ながらも惜しくも敗れ去った、しかし是非ともファイナルでもその勇士を見たいと願うMC達が勢揃いしたような印象をもちます。勢いに乗る成長目覚ましい若手MCをはじめ、今年様々な大会を盛り上げたメンバーによる最後の椅子を賭けた戦い。その熱戦の果てに、ファイナルへの最後の切符を手に入れたMCは・・・

【リベンジ枠:CHICO CARLITO】
チコ

最近フリースタイルダンジョンでも大きくプロップスを挙げたCHICO CARLITOが、勢いそのままにUMBリベンジでも優勝しました。実は前日行われた【THE 罵倒 2015 REVENGE】でも優勝をしており、これでUMB2015ファイナル、罵倒2015ファイナル、戦極13章と、2015年の年末を飾る3大大会全てに出場することが決まりました。まさに今年のMCバトルシーンにおける顔とも言えるMCになりましたね。これが初のUMB本戦出場となりますが、ここ数年で大きな舞台を多数経験している彼にとってはなんてことないはずです。本戦での大暴れも期待したいですね。

◆ファイナル出場の全MC出揃う
2015エントリーMC

【ファイナル出場MC】
-----------------------------------------
・OPENING GAME:松元
・新潟予選:KRYZ
・宮崎予選:MOL53
・福岡予選:
・岡山予選:紅桜
・長野予選:MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻
・埼玉予選:TENGG
・栃木代表:マチネ
・茨城代表:GOTIT
・和歌山代表:RUGSHOT
・北海道代表:ROZETTA
・山口代表:KARASS
・広島代表:HI-JET
・山形代表:SOTA-LOW
・福島代表:GIL
・宮城代表:しぇん
・福井代表:CHILL B
・京都代表:早雲
・愛媛代表:HYPER NON MC
・大阪代表:K-razy
・千葉代表:U-Road
・兵庫代表:NASSO
・愛知代表:BASE
・静岡代表:泉ピン太郎
・島根代表:JAKE
・東京代表:DOTAMA ←New
・沖縄代表:MAVEL ←New
・神奈川代表:句潤 ←New
・西東京代表:猿tobi ←New
・岐阜代表:MAC-T ←New
・群馬代表:NAIKA MC ←New
・滋賀代表:山本びんた ←New
・リベンジ:CHICO CARLITO ←New

-----------------------------------------

[追記]
MOL53が一身上の都合でUMBを含む年末の全大会を欠場するという発表がありました。様々な憶測が飛び交っていますが、しっかりした事実がわかるまで言及は控えさせて頂きます。詳細について判明した場合は、次回のPart.10で書かせていただくかもしれません。とにかく非常に残念です。


前述したCHICO CARLITOをもって、ファイナル(12/30)出場全MCがついに出揃ったことになりました。今年はこうして改めてみてみると、ファイナル初出場となる若手MCと、ファイナル経験者がバランスよく出揃ったメンバー構成になりましたね。特にファイナル出場者はこれまで三連覇王者R-指定に惜敗し、優勝を逃していたMCも多いので、殿堂入りで王座を明け渡したR-指定が無き今年のファイナルは、是が非でも勝ちたい思いのMC達ばかりでしょう。(願わくばR-指定も出場し、直接王座を奪還したかったMCも多いとは思いますが。)

Twitter等でも優勝者の予想が賑わい出していますね。果たして誰が勝つのか本当に楽しみです。誰が勝っても新チャンピオンの誕生になります。また、今年はMCが33名奇数ということでトーナメントも一部変則的になるようです。本戦での組み合わせもこれまで以上に重要になりそうですね。

[追記]
上記のMOL53欠場に伴い、32名で大会が行われるように変更されたようです。


また、今年特有の別の注目点としては、このUMBファイナル前に戦極13章があるというところです。この戦極13章は、MC正社員選出によるこれまでに類を見ないほど豪華なMC達が集う大会となっており、「今年のNo.1バトルMCはUMBではなく戦極13章で決まるのではないか」という声が多数挙がっているほどです。かたやUMBは、今年9sariUMBができたことにより、どちらの大会に出るかという“各エリアでのMCの分散があった”ことは少なからず否めません。もしかしたら、“UMBにおける新チャンピオン誕生”という新たな時代のページを迎えるより先に、UMBを頂点としたMCバトル大会の構図が崩れるという“MCバトル大会の歴史的分岐点”を迎える可能性があります。

【戦極13章の出演MC】
TKda黒ぶち/MC KUREI/K-razy/Amateras/MC☆ニガリ/MCマロン/ACE/カクニケンスケ/諒太/Carter/HRS/ R'kuma(レオクマ)/peko/呂布カルマ/DOPE MAN/ ILL-C/Lick-G/mcRey/ガッティ/NAIKA MC/CHICO CARLITO/あっこゴリラ/BASE MAKI DA SHIT/bunTes / 我次郎MIC/MAKA/luiz/やんでぃ/魅RIン/Breaker/言xTHEANSWER/Rude-α/黄猿/Small fish/GADORO/焚巻/ふぁんく/歩歩/BALA a.k.a SHIBAKEN/萌黄/BOZ/ Mr.Smile/Kowree/Sco-Pion/ミクソン重一/KBD/NAJIMI/ハハノシキュウ/ G.O/はなび/BATTLE手裏剣a.k.a渡邉4:20/CIMA/MADJAG/O.Z/蛇/MC MIRI/KEN THE 390/晋平太/ 漢 a.k.a. GAMI /等

とは言え、やはりUMBはUMB特有の緊張感があり、戦極は戦極らしいMC達が伸び伸びと戦うどこか暖かい空気感があります。それらを比較し、優劣をつけること事態がナンセンスなのかもしれません。MC正社員もかつてUMBとの関係性を、「UMBは日本一を決める大会で、戦極はドリームマッチ」と語っていました。そういう意味では、それぞれの大会が持つ意味合いはそもそも最初から異なるのかもしれません。お笑いでいうと、予選を勝ち上がった芸人が集う「M-1」と、番組プロデューサーが選出した「新年恒例ドリームマッチ」では、後者の方が出場芸人は豪華ですが、前者の方がやはり日本一を決める大会という認識がありますよね。

どちらにせよ、【罵倒】【As ONE】も含めて、この年末はとにかくMCバトルがかなり盛り上がりそうです。それぞれの大会の勝者が誰になるのか。そしてそれらのMCがどのようにプロップスを得るのか。注目ですね。

9sari UMB

◆テレビ放送
kingテレビ

11/14遂に9sariUMBがBSスカパー!にてテレビ放送されました。題名は「KING OF KINGS~THE FINAL UMB~」となっており、こちらも「KING OF KINGS」という新名称が使われ放送されることになりました。放送の内容については、やはり1時間半しかない放送時間もあることで、一回戦等では一部カットされた試合もあり、番組全体として総集編的な編集がなされていました。そのことについては、Twitterなどでも不満の声も挙がっていましたが、そこはTV番組なのでしょうがないかなと思います。

ちなみに、再放送も決定したようです。前回放送を見逃してしまった方や、DVD発売前にもう一度予習をしておきたい方などは是非この機会にご覧になってはいかがでしょうか。

■再放送日時:12/23(水) 23:00 - 24:30

◆DVD発売日決定
kokdvd

DVDの発売日が決定しました。当初は年内ということをアナウンスされていましたが、少し遅れて年明けの1/13に発売するようです。DVDは通常版の他に、白熱の2つの予選映像が特典としてついた【東京B&大阪B DVD Set】版や、前述の2つの予選映像とオリジナルTシャツがついた【Complete Set】版も発売されるようです。セットによってはすでに予約でソウルドアウトもでているようですので、通常版以外が欲しい方は、早めの予約をしておいたほうがいいかもしれませんね。

おそらくTV放送とは異なり、こちらはカットなしで全試合楽しめる内容になっていると思います。TV放送に不満をもたれた方も、その消化不良を解消するためにも是非DVDを買ってみてはいかがでしょうか。私も今から発売が楽しみです。

関連記事【KING OF KINGS】はこちら

【KING OF KINGS-FINAL UMB-DVDtrailer】


◆チャンピオン崇勲のアルバム発売
すーくん

9sariUMBチャンピオン崇勲のアルバムが遂に11/4に発売されました。崇勲の良さが出たとても良いアルバムとなっていて、ネットでも賞賛する声が多数挙がっています。9sariUMB運営陣もチャンピオンとして大いに宣伝活動をサポートしているようです。チャンピオンとして是非とも売れて欲しいですね。また同じレーベルから、レーベル主催者TKda黒ぶちのアルバムも年末に発売されるようなので、そちらも非常に楽しみです。

◆今年最後の9sariステーション
ステーション

本日(12/20)の9sariステーションで、DVD発売直前SPと題して、今年の総括と来年の動向について語られるようです。今年から始まった9sari主催MCバトルは来年どうなるのか。大会名を変えそのまま継続するのか。いろいろと気になることがあると思いますが、この放送を機に少しずつ情報が解禁されていきそうです。気になる方は是非ともチェックしましょう。

最後に

さて、ついにクライマックスが近づいてきた2015年のUMB。この【UMB2015最新動向】シリーズも次回Part10が最終回となる予定です。Libraのファイナルは誰が優勝するのか。そして9sariUMBとLibraUMBどちらの勝者を年間王者としてシーンは認めるのか。非常に楽しみですね。

また、とにかくこの年末は、MCバトルファンにはたまらない、怒涛の大会ラッシュとなります。UMBと共に、それぞれの大会も是非チェックしてみて下さい。MCによっては複数の大会で二冠、三冠を獲得する可能性があるMCもいます。全ての大会が終わった時、今年一番のプロップスは誰が得るのか。注目したいと思います。

12/23 THE 罵倒 2015
12/27 戦極13章 全国統一編
12/30 UMB2015(Libra)
12/30 AsONE 20151230


では、今回はこのへんで。

【UMB最新動向Part10】はこちら



関連記事

4 Comments

-  

度々コメントしている者です。
既にご存知だとは思いますが、MOL53に関しては欠場だそうです。
この間の罵倒にしろ、CD未発送の件にしろ、一身上の都合で片付けるのは本当に無責任だと思います。
まぁ、単純にバトルスタイルと声が気に食わないのもありますが(笑)

2015/12/25 (Fri) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 度々コメントしている者です。
> 既にご存知だとは思いますが、MOL53に関しては欠場だそうです。
> この間の罵倒にしろ、CD未発送の件にしろ、一身上の都合で片付けるのは本当に無責任だと思います。
> まぁ、単純にバトルスタイルと声が気に食わないのもありますが(笑)

この次の記事にも追記で書かせていただきましたが、その件については本当に残念でした。
私は、MOL53は比較的好きなMCですし、今年はとても期待していたので非常に残念に思っています。

この記事にも追記を書かせて頂きます。

2015/12/25 (Fri) 22:38 | EDIT | REPLY |   

IDECCHI7  

∀・)いや~ここまできっちりと整理され、まとまった記事を書かれるBlogはなかなかない気がします。感心感心。


A・)記事で触れらているように、Libra UMBを獲ったチャンピオンが必ずしも日本一のフリースタイラーとは限らない…ここに強い興味を引かれます。いわば今年はバトルシーンにおける「節目」だったのじゃないかと。何はともあれ年末の本戦期待大ですね。群雄割拠。新たな歴史が生まれることに期待したいと思います♪

2015/12/28 (Mon) 17:18 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> ∀・)いや~ここまできっちりと整理され、まとまった記事を書かれるBlogはなかなかない気がします。感心感心。
> A・)記事で触れらているように、Libra UMBを獲ったチャンピオンが必ずしも日本一のフリースタイラーとは限らない…ここに強い興味を引かれます。いわば今年はバトルシーンにおける「節目」だったのじゃないかと。何はともあれ年末の本戦期待大ですね。群雄割拠。新たな歴史が生まれることに期待したいと思います♪

IDECCHI7 さん。
お久しぶりです。コメントありがとうございます!ただ私は、いろんなところにある情報をまとめただけなのですが、読んでくださる方がいるのはとても嬉しく思います。仰るとおり、今年はいろんな意味で節目の年になりましたね^^新チャンピオンが誕生しました。これで来年は更にシーンが大きく変わっていくと思っています。最新記事も書きましたので、そちらも時間があるときにでも読んでくだされば幸いです!

2016/01/03 (Sun) 22:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ブログパーツ