HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

日本の名盤・基本の定番㉓(Diggin’ Anarchy by ANARCHY)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、“私的名盤シリーズ”として、<ANARCHY>の3rdアルバム【Diggin’ Anarchy】をご紹介したいと思います。作品ごとに新たな面を見せてくれるアーティストANARCHY作品の中でも、私が最も聴き返すお気に入りの作品です。

それでは、いってみましょう。

【Diggin’ Anarchy by ANARCHY】
anar

<収録曲>
01. Intro
02. Side B
03. K.I.N.G.
04. Broken Memory feat. Rudebwoy Face
05. Capture The Flag feat. Ryuzo & Chozen Lee
06. Grand Theft Auto
07. Devilman feat. Rino Latina II & Dabo
08. Magic Hour feat. Pushim
09. Go Johnny Go! Feat. Naughty
10. 6 Feet Deep feat. Ozrosaurus
11. Playing In The Ghetto

1stアルバム、2ndアルバムが立て続けに高評価を獲得し、デビュー以来、異例の早さでシーンに受け入れられ、日本ヒップホップ界の重要人物のひとりとまでになったANARCHY。本作は、そんな環境下にあった当時のANARCHYが、前作までの自身のイメージとスタイルを敢えて崩すことで、アーティストとしての幅を広げ、その後のキャリアにおける高い可能性を見せつけた飛躍の一枚となっています。これまで確立し評価されてきたスタイルを変えることはとても勇気のいることです。しかし、彼は“常に聴く人に新鮮さを与えたい”という拘りの元、新しいことに挑戦する道を選んだのです。

この記事を読んでいる人の中にも、ANARCHYに対し、“自身の生い立ちをリアルに唄うラッパー”という印象だけをお持ちの方もいるかと思います。実は私も、彼の作品をしっかり聴き始めるまではそういった印象しか持っていませんでした。しかし、それはあくまでアーティストとしての彼の一面に過ぎなかったのです。確かに、自身の境遇を元にした“彼にしか書けないリリック”は、ANARCHYの最大の武器となっています。しかしながら、そのリリックは何も“彼と同じように波瀾万丈な生い立ちをもった人にしか響かない”ということではありません。私はそのことをこのアルバムを通して知ることができました。

彼の所謂“Ghetto精神”溢れたリリックには、実は、誰しもが共感し得るとても普遍的なことが唄われています。それは時に、“夢や希望を持ち続けることの大切さ”や、“仲間と共により良い自分を目指し挑戦し続けることの重要さ”であったりします。このように書くと、それらはとても陳腐なものに感じられますが、それら普遍的なテーマを、ANARCHYだけが語り得るリアルな言葉で、ANARCHY自身が真っ直ぐに唄うことで、平凡な人生を歩んできた私のような人の胸にも、強く、深く、響いてくるのです。

そして何より、ANARCHYが「自身を救ってくれた」と語り、全幅の信頼寄せる“HIPHOP”に対する真摯な姿勢と、それに注がれる深い愛に、同じくHIPHOPを愛する者の一人として、強くシンパシーを感じてしまうのだと思います。そんな、私のANARCHYに対するイメージを大きく変えてくれた本作は、だからこそ、これまで彼に苦手意識をもっていた人や、聴かず嫌いだった人にこそ聴いてもらいたい作品です。きっとHIPHOPが好きな人であるのなら、何かしらの共感を得ることができるのではないかと私は思います。

さて、ここからは収録曲をご紹介すると共に、アルバムの特徴などについて書いていきたいと思います。イントロを除くと10曲で構成された本アルバムは、“ANARCHYの10の顔を見せる”というテーマに基づき作られています。どの曲も素晴らしい名曲揃いのアルバムなのですが、今回はその中でも特に特徴的な2曲のみをピックアップしてご紹介したいと思います。

【Playing In The Ghetto】


“金を稼いでこの不安も買い取ろう 願い込めたMICROPHONE”

この曲は、本作におけるANARCHY10の顔の内、“最もこれまでのANARCHYのイメージに近い曲”です。そして、だからこそ、明確に本アルバムの前作までとの違いを見ることができる1曲になっています。タイトルからもわかるように、唄われているテーマは、自身の生い立ちを元にしたGhettoでのことについて。所謂、ANARCHYの代名詞的な曲のテーマですが、同じテーマの代表曲【Fate】や【GROWTH】のような、重苦しい不穏な空気感を纏っていない点に大きな違いが見られると思います。

もちろん、私は【Fate】や【GROWTH】も大好きなのですが、この【Playing In The Ghetto】は、<MURO>が手掛けた都会的で洗練されたトラックによって、これまでANARCHYを聴いてこなかった層の人たちにも幅広く訴え得る力を持った楽曲になっていると思います。そしてそれは、ANARCHYがラップをする上で成し遂げたいと語っていた“誰もがリスペクトするラッパーになる”という夢に近づくことを考えた上でも、大きな力添えとなっているのではないかと思います。

本アルバムを全曲プロデュースしているMUROは、日本のHIPHOP黎明期からシーンの第一線で活躍した人物です。<MICROPHONE PAGER>としての活動を通して広く名前を知られるようになった後も、国内・外問わない精力的な活動を続け、今では“King Of Diggin”の愛称で親しまれると共に、自身が主催するプロダクションを中心に多くの作品を手がけています。彼の作るトラックは、繊細な輝きと、洒落っ気のある美しさを兼ね備えており、世界的にも高く評価されています。まさに日本を代表するプロデューサーのひとりですね。

しかし、そんなMUROをANARCHYがアルバムのプロデューサーへと抜擢したというニュースは、実はアルバム発売前まで、ファンにとっては小さな心配の種となっていたようです。土臭くシリアスな世界観で人気を博してきたANARCHYと、MUROとの組み合わせには、確かに違和感を覚えてしまうかもしれません。果たしてどんな作品になるのか、ANARCHYの良さが消されてしまうのではないか、当初はそのような心配の声も多かったように記憶しています。

しかし、蓋を開けてみれば、双方の良さが良い意味で化学反応を起こし、相乗効果的に互いを高める結果となりました。美しいMUROのトラックと、土臭くブルージーなANARCHYのラップは、まるで“美女と野獣”のように、当初抱いていた組み合わせの違和感を覆し、観るものを驚かせるほどの相性の良さで華麗なダンスを踊ってみせたのです。これにはポット夫人もニンマリではないでしょうか。少なくとも私は、想像を超えた感動を覚えてしまいました。

きっと、それはMUROのトラックが、単なる耽美的な、気取ったものなどではなく、上品ながらもHIPHOPとしての芯の強さを具えたトラックだからなのだと思います。同じHIPHOPを愛する者として共鳴し合った二人の楽曲は、まさに互いの良さを組み合わせた総合力の高い作品となっています。本作を何度も繰り返し聴きたくなるのは、きっとその為ではないでしょうか。

【Magic Hour feat. Pushim】


“こんなに愛し合っても まだ流れ星を探してる”

この曲は、このアルバムの10の顔の中でも、“最もこれまでのANARCHYのイメージと遠い曲”です。ANARCHYの風貌からは想像もし得なかったロマンチックな一面が垣間見れるラブ・ソングになっています。このように、これまでの作品よりも楽曲のテーマが多彩だという点も、本アルバムの大きな特徴となっています。

MUROの映像が浮かぶような美しいトラックも素晴らしいですよね。アルバムを全編通して聴くと、まさに映画を1本見終わったような満足感が得られます。ANARCHYは以前「ビートからインスピレーションを得ながらリリックを書く」と語っていました。今回のこの曲も、映像的なMUROのトラックに感化され、新たな引き出しを開けられた結果なのかもしれませんね。

また、客演の<Pushim>の歌声もとにかく素晴らしいですよね。あのアメリカの伝説的ユニット<Fugees>の代表曲【Fu-Gee-La】のフレーズをサンプリングしたフック部分“Ooh La La La...”の伸びやかな声は、本家版の<ローリン・ヒル>にも勝るとも劣らない美しいグルーブを感じさせてくれます。

このPushimをはじめ、本アルバムでは客演のアーティスト達がとても良いパフォーマンスを見せています。DABOOZROSAURUSなどの大物との共演もあり、とにかく聴き応えがあります。中でも私はレゲエシンガーである<Rudebwoy Face>との楽曲【Broken Memory feat. Rudebwoy Face】がとても気に入りました。シリアスな内容をあくまで陽気に唄いあげるこの楽曲に、Rudebwoy Faceの魅力的な声とフロウがとても良い空気感を与えていると思います。是非聴いてみて欲しい楽曲です。

また、楽曲【K.I.N.G. 】では、客演ではなくリリックの中に数多くの偉大なアーティスト名が出てきます。そしてその最後には、若くして亡くなった伝説のラッパー<TOKONA X>に向けたラインもあり、これまで日本のHIPHOP界の歴史をつくってきたKINGたちに向けられた、熱いリスペクトを感じさせられる曲となっています。

このように、本アルバムには多彩な楽曲が収録されており、各楽曲からはいくつもの新鮮な驚きを与えられます。そして映像的な10編の物語を味わっているうちに、飽きる間もなくアルバムは幕を閉じるのです。私は、アルバムを通した聴き方を好む故、このように厳選された楽曲が並ぶコンパクトなアルバムが大好きです。そういった意味でも、何度でも繰り返しアルバム単位で聴くことができる本作は、私にとっては生涯手放せない大切な作品となっています。

最後に、本作のプロデューサーMUROのインタビュー動画をご紹介します。本作におけるMUROの想いや、ANARCHYと起こしたケミストリーについて語っています。興味のある方は是非チェックしてみてください。

【MURO INTERVIEW for "DIGGIN' ANARCHY"】


“人生のマイナスもプラスに変えられるHIPHOP”に救われ、生きる希望を見出したと語るANARCHY。そんな誰よりもHIPHOPの可能性を信じる彼がつくる作品へは、HIPHOPへの愛と敬意が詰まっています。多くの人に手にとって聴いてもらいたいと願っています。

では、今回はこのへんで。



関連記事

0 Comments

Leave a comment

ブログパーツ