HIPHOPの必須トーク

日本語ラップ・MCバトルの“今”を語るブログ

このDVDが良い雰囲気⑨(ADRENALINE MCBATTLE 2015)

どうもPto6(ぴーとろっく)です。

今回は、昨年度の注目大会のひとつ【ADRENALINE MCBATTLE 2015】のDVDについてご紹介しようと思います。一般発売は1/20ですが、戦極オンラインの先行販売を利用したので早く手に入りました。本記事は大会内容についてのネタバレ的記述も多少ありますので、もし購入前で内容を知りたくない方がいらっしゃいましたらご注意願います。

それでは、いってみましょう。

【ADRENALINE2015】
AD2015

<出場MC>
[平成]
1WillyWonka a.k.a TAKA 2MC☆ニガリ 3KAI
4菊地一谷 5掌幻 6マスオマスター 7ACE 8焚巻 9DK 10サルバドール
11あっこゴリラ12 MOL53

[昭和]
13STRAY DOGG 14スナフキン 15Y.A.S 16peko 17GIL
18TKda黒ぶち 19押忍マン 20CIMA 21ガッティ 22e.K.y
23たまちゃん 24晋平太

[予選突破]
25RYOTA 26MAKI DA SHIT 27コマツヨシヒロ 28Luiz
29黄猿 30Kashu 31BALA aka SHIBAKEN 32CHARLES


この大会も出場MCがとても豪華ですよね。もちろんその後、戦極13章の発表で出場MCの豪華さの基準が更に上がるのですが、この大会当時はこれだけの面子が出場することに対し、とても興奮してしまった記憶があります。また、<晋平太>が久しぶりに大きなバトル大会に出場するということでも、非常に話題になっていました。

結果としては、その晋平太をGILが倒し、勢いそのままにGILが優勝しました。豪華な面子が揃っただけあって、特にベスト8以降は、対戦カードを並べただけでも期待感をくすぐる組み合わせばかりです。ベスト8の対戦カードをご紹介しましょう。

<ベスト8対戦カード>
・TKda黒ぶち vs MC☆ニガリ
・MOL53 vs 焚巻
・スナフキン vs GIL
・晋平太 vs 押忍マン


とても面白そうな対戦カードですよね。その期待に違わず、それぞれ熱い戦いを見せてくれています。もちろん、その前の1回戦、2回戦でも好カードが多く、各MCたちにそれぞれの見せ場があり、とても見応えがありました。【ADRENALINE】のDVDは2014も持っているのですが、2014の時は正直R-指定見たさに買ったようなところもありました。しかし、今回の2015は、誰目的というわけではなく、純粋にこの面子の中で誰が活躍するのかを見たくて買ったので、様々なMCの活躍が見られてとても満足でした。

【ADRENALINE2014】の記事はこちら

それでは、その中でも特に印象に残ったバトルについて、バトルを観る楽しみを損なわない程度に、感想と共にいくつかご紹介したいと思います。

【peko vs ACE】
ACEPEKO

“お前さ 主催のくせに一時間遅刻 見せたるわ地獄”

1回戦のベストバウトです。スキル巧者同士の対決は、互いにバイブスも乗せ合う凄まじい戦いとなりました。結果延長戦にもつれ込み、この好カードを2回も観ることができました。それぞれ、対話を交わしながら、相手が出したトピックに乗っかり、更に話を広げていくバトル展開は、まさに即興によるフリースタイルの面白さを体現したような内容でした。

一本目では、KOHHの名トラック【貧乏なんて気にしない】を、一部リリックもサンプリングしながら二人とも華麗に乗りこなします。そして延長戦では、アップテンポなトラックの良さも相まって両者の高いスキルを再確認することができます。それにしても、バトルDJとしての豊富なキャリアもあるpekoは、本当にビートアプローチが上手ですよね。そして、それに負けず劣らず乗り返すACEも、渋谷サイファーでの豊富な経験値を改めて実感させてくれます。

【晋平太 vs peko】
shinpeipeko

“俺が革命家 ルーク・スカイウォーカー マイクとルックスは良いようだが”

またしてもpekoの試合ですが、こちらが2回戦で一番印象に残った試合です。優勝候補の晋平太に食らいつくpekoがとにかく熱く、対戦はこちらも延長戦にまでもつれ込みました。この試合については、DVD発売前のベストバウト動画としてアップロードされていましたね。公開された時はネット上でも、この二人の熱い試合を絶賛する声が多く挙がっていました。



これだけでも、バトルの面白さは十分わかると思うのですが、本当に熱いのはこの後の延長戦です。互いにリスペクトを送り合いながらもバチバチにぶつかり合う二人の勇姿には、思わず見とれてしまう程です。本大会MVPの呼び声も高かったpekoは、間違いなく最も観客を沸かせていたMCの一人でした。

【MOL53 vs MC☆ニガリ】
nigari53

“各駅停車の山手線 待ってりゃくるラップにゃ興味はねぇ”

ベスト4での熱い一戦です。このバトルは、私が本大会の全ての試合の中で、最も興奮した試合でした。この対戦カードは、実は【ADRENALINE2014】でも実現したカードで、その時負けたMOL53からすると、ちょうど一年越しのリベンジマッチとなりました。その為、最初からエンジン全開本気モードのMOL53が見られます。この試合についても、かなりの接戦となったため延長戦へともつれこみました。

必見はバトルビートのBPMが上がる延長戦です。その延長戦では、これまで数々の名勝負を見せてきたMOL53の試合の中でも、最高級とも言えるMOL53が出ていると思います。その姿はまるで、年少のニガリにぶつかり稽古をつけているかの様にも見える程です。この試合を見ると昨年のMOL53は本当に絶好調だったのだなと再確認できます。それだけに、年末の件は本当に残念だったと、この試合を見て改めて思ってしまいました。

【GIL vs MOL53】
GIL53

“お前のは所詮付け焼き刃 もっと磨けよソウルや爪や牙”

そして、このカードによる決勝戦。1回戦から全く自身の軸をぶらさずに、ただ目の前の敵を確実に倒し勝ち進んできたGILと、前述した通りに絶好調状態のMOL53による対決です。お互い、小細工無しで真正面からぶつかり合うタイプの二人ですので、試合は息もつけない展開になりました。観客からも、二人の言葉を一言でも聞き逃すまいと注意深く耳をすませているような空気を感じました。

お互いに相手のことを“本物のMC”と認め合っている間ながらも、どちらも譲らず、“俺の方がお前より上だ”という姿勢を貫き通す二人。観客を沸かせるというよりも、相手を打ち負かすことに全神経を傾けたような内容の詰まった4バースが展開され、試合は甲乙つけがたい印象を私は持ちました。しかし、結果は意外にもストレートに決まりました。確かにこの日のGILからは、これまでにも無いほどの圧倒的覚悟を感じました。映像越しですらそうなのですから、現場で観ていたら尚更でしょう。とにかく、これまで観たどんな決勝戦とも違う、どこか二人から神々しさすら感じてしまう程の壮絶な戦いでした。

ちなみに、本大会におけるGILの圧倒的な覚悟とブレない姿勢は、ベストバウト動画として上がっていた下記の試合でも確認できます。対戦相手である<あっこゴリラ>も、自身の強みを活かした変則的なバトルで仕掛けていき、終始決して悪くは無いラインを繰り出したのですが、この日のGILは相手が悪かったようです。

【GIL vs あっこゴリラ】


さて、今回は【ADRENALINE MCBATTLE 2015】のDVDについて書いてきました。まだ到着して2回しか大会を通して観ていないので、何度も観るうちに印象が変わってくるかもしれませんが、今の段階で印象に残った試合について感想を書かせていただきました。まだDVDを購入するかどうかを検討している方の、ご参考にでもなれれば幸いです。

年末から年始にかけたこの時期は、バトル大会のDVDや、アーティスト作品も多数でるので、どれを買うか本当に迷いますよね。私もどれを買って、どれを我慢するか本当に悩みました。また買ったもので良かったものについては、ブログでご紹介していけたらと思います。

では、今回はこのへんで。

関連記事

2 Comments

-  

黒ぶちとニガリのバトルビート分かりますか?

2016/01/30 (Sat) 02:41 | EDIT | REPLY |   

Pto6  

Re: タイトルなし

> 黒ぶちとニガリのバトルビート分かりますか?

コメントありがとうございます。
間違いなく聴いたことあって、知っているべきクラシック曲のトラックだというのはわかりますが、肝心の曲名が出てきません。申し訳ないです。ビートには特に疎いです^^;ただ、このビートは他のバトルでも使われてるのを聴いたことがありますし、有名なトラックだと思うので、知っている方は多そうですね。他のビートへの質問はお手上げなものが多いのですが、このビートは応えられなくて悔しいです^^;お力になれずすみません。。。

2016/01/30 (Sat) 09:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

ブログパーツ